写真提供:マイナビニュース

写真拡大

2017年度前期NHK連続テレビ小説『ひよっこ』(4月3日スタート/毎週月曜〜土曜8:00〜8:15)でヒロインを務める女優の有村架純が30日、東京・渋谷のNHK放送センターで行われた出演者発表会見に出席し、ドラマの魅力を語った。

この日は、有村演じるヒロイン・谷田部みね子が上京してから出会う新キャスト11人が発表され、東京・赤坂の洋食屋「すずふり亭」の主人・牧野鈴子を宮本信子、「すずふり亭」の料理長で鈴子の息子・牧野省吾を佐々木蔵之介が演じることが明らかになった。

有村は「東京編の撮影が始まって1カ月くらい。毎日すごく楽しいですし、自分の中でみね子を通して変わってきているんだなと実感している」と充実した表情。みね子が上京直後に働くトランジスタラジオ工場「向島電機」の仲間も発表されたが、「みんなそれぞれ愛おしいキャラクターになっている。"乙女"の絡みを温かく見守ってほしい」と話し、「6人の中で私が一番年上なので、みんなを頑張って引っ張っていけるようにしっかりしたい」と決意を述べた。

また、作品について「なんかいいなって思うことがたくさん詰まっている。家族っていいな、田舎っていいな、友達っていいな、働くことっていいなって、"いいな"がいっぱい詰まってる」と説明し、「たくさんの"いいな"をみなさんに感じてもらいたい」と期待。さらに、「たくさんのキャストの方が一人ひとり作っているキャラクターがすごくすてきで、誰一人として嫌な人がいない。絶対みなさん大好きになってもらえると思う。それぞれの人生がきちんと見える作品でもある」と見どころをアピールした。

このドラマは、東京オリンピックが開催された1964年から始まる物語。高度成長期の真っただ中に、集団就職で茨城県から上京したヒロイン・谷田部みね子が、自らの殻を破って成長していく姿を描く。この日は、宮本信子、佐々木蔵之介のほか、和久井映見、佐藤仁美、やついいちろう、松本穂香、藤野涼子、磯村勇斗、竜星涼、小島藤子、八木優希の出演が発表された。