写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アライドテレシスは1月30日、産業用ギガビット・インテリジェント・スイッチ「CentreCOM AT-IE200-6GT/AT-IE200-6GP」、およびUDLD(UniDirectional Link Detection)対応ライセンスの受注を開始した。価格はいずれも税別でAT-IE200-6GTが16万8000円、AT-IE200-6GPが19万8000円。

AT-IE200シリーズは、DINレールに取り付け可能なDC電源対応の産業用ギガビット・インテリジェント・スイッチ。AT-IE200-6GTは10/100/1000BASE-Tポートを4ポートおよびSFPスロットを2スロット、AT-IE200-6GPはPoE給電が可能な10/100/1000BASE-Tポートを4ポート、SFPスロットを2スロット装備し、最大120WまでPoE給電が可能。

両製品ともに保護等級IP30に対応し、最大で-40℃〜70℃の動作温度に対応するなど過酷な環境下でも利用できるという。電源は2系統からの入力に対応しており、冗長化を可能とし、ポート、LEDを前面に集約することでDINレール取り付け後の作業性を確保するなど産業用途に適した構造になっている。

さらに、AT-IE200シリーズは同社のネットワーク統合管理ソリューション、Allied Telesis Management Framework(AMF)のメンバー装置として機能する。AMFはネットワーク上のスイッチやルータを仮想的な1台の機器として統合管理し、運用管理の一元化、簡素化、自律化により管理・運用に関わるコストの削減を実現。

同社がインテリジェントスイッチで培った知見と、産業用ネットワークに必要とされる堅牢性、機能性を実現する新設計のハードウェアを組み合わせた同シリーズで、ユーザー環境のインテリジェント化、IoT化を推進するという。

また、両製品はUTPもしくは光ケーブルの物理構成をモニターし、単一方向リンクの検出が可能なUDLDをサポート(別途、アプリケーションライセンス「AT-IE200-FL03」が必要)。対になっているどちらかのリンクが切断された場合、自動でシャットダウンし単一方向リンクを回避する。UDLDを用いることにより、物理層と連携した回線の正常性が検知できるため、ネットワークの信頼性を向上できるとしている。

(岩井 健太)