写真提供:マイナビニュース

写真拡大

エス・ジーは、セールスフォース・ドットコムが提供するクラウド上のプラットフォームを利用した要員管理アプリ「ようかん」を開発し、サービス提供を1月27日に開始した。

「ようかん」は、一般的なSFAでは難しかった、要員・プロジェクトの管理や、マッチングといった機能を搭載したSES営業・派遣営業特化型SFA。SES事業者や人材派遣事業者における要員の稼働や売上などの情報をクラウドで一元管理できる。要員の稼働情報やプロジェクト情報を入力するだけで、今まで複数のExcelファイルを開いて状況を確認したり、ファイル内のデータを切り貼りして資料を作成する必要があった作業(要員の稼働状況確認、案件と要員のマッチング、請求書の作成など)をボタン1つで行える。

また、営業先で必要な機能をモバイルにて提供することで、スピード感のある対応を行うことが可能となり、競合他社に先駆けることができるようになる。

さらに、業務をシステム化することで、営業フレームワークとして、新人SES営業の教育にも役立つことを想定している。

初期費用は、別途見積り(システム初期設定、データ移行、トレーニング、を含む)。月額費用は、7000円/月/ユーザ(2ユーザより利用可能)。

(Aries)