血液透析治療は体外に取り出した血液を人工腎臓に送り、血液中の余分な水分や老廃物などを除去して体内に戻す治療法。患者は定期的に治療を受ける必要があるため、地震で装置が破損し治療を行えなくなる事態を防ぐための対策は非常に重要となる(画像はプレスリリースより)

写真拡大

 ニプロは26日、震度6強の地震発生時にも転倒などの事故を防止できる、カウンター設置型の多用途透析装置「NCV-3SH」を2月初旬より販売開始すると発表した。

 国内の血液透析治療患者数は約32万人、血液透析治療が施行可能な医療施設は約4,300施設にのぼる。これらの医療施設において特に大きな課題となっているのが、地震発生時に透析装置の移動・転倒などを防ぐ地震対策だという。

 「NCV-3SH」はこうしたニーズに応える災害対策型の多用途透析装置だ。ボルト・ナットで透析用カウンターと完全に固定できる設計で、震度6強の地震発生時にも移動・転倒を防止することができる。

 バッテリーを内蔵しており、停電などの緊急時においても安全に自動で返血作業(治療離脱)が可能。またカウンター設置型ながら補液ポンプを搭載しており、オンラインHDF治療にも対応可能となっている。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI