29日、「中国の紅白歌合戦」の放送終了後、オンラインショッピングサイトには出演した人気タレントの着用モデルをうたった商品が続々と出現。ここ数年の新たな現象となっている。

写真拡大

2017年1月29日、「中国の紅白歌合戦」の放送終了後、オンラインショッピングサイトには出演した人気タレントの着用モデルをうたった商品が続々と出現。ここ数年の新たな現象となっている。北京晨報が伝えた。

【その他の写真】

日本で「中国の紅白歌合戦」と紹介されるのが、国営放送・中央テレビ(CCTV)が旧暦大みそかに毎年放送する「春節聯歓晩会」だ。世界各国で10億人が視聴するというこの人気番組だが、ここ数年は中国でネットショッピングが大活況という背景もあり、出演者が着用したものとうり二つの衣装が瞬く間に登場し、人気を集めるという現象が起こっている。

北京晨報によると、28日の放送終了後、わずか数時間でこういった洋服や小物が、ショッピングサイトに続々と出現。1万元(約17万円)を超える高級品ものもあれば、100元(約1700円)以下のチープなものも。中には「一律699元(約1万2000円)」で販売するサイトもある。もちろんどれも偽物だが、各ショップでは「本物と寸分たがわない」「スターと同じ気分を味わえる」ことを堂々とうたっている。

今年の「春節聯歓晩会」では、人気少年ユニットのTFBOYS、リウ・タオ(劉涛)を筆頭とする美人女優5人がオープニングを飾った。このほか、ルハン(鹿[日含]/ルー・ハン)とウィリアム・チャン(陳偉霆)の中国・香港イケメンコラボも話題に。ネットショップでも彼らの着用衣装に人気が集中している。(翻訳・編集/Mathilda)