中国メディア・中国新聞網は27日、中国旅遊研究院が発表した「2016年中国国外旅行者ビッグデータ」報告において、昨年外国を訪れた中国人観光客の数が約1億2200万人と、日本の人口にほぼ匹敵するレベルになったことがわかったと報じた。(イメージ写真提供:(C)Yulia Zhukova /123RF)

写真拡大

 中国メディア・中国新聞網は27日、中国旅遊研究院が発表した「2016年中国国外旅行者ビッグデータ」報告において、昨年外国を訪れた中国人観光客の数が約1億2200万人と、日本の人口にほぼ匹敵するレベルになったことがわかったと報じた。

 記事は今年も中国人による国外旅行は依然として好調を保つとの予測を示したうえで、中国人観光客が急増した背景について分析。収入増による可処分所得の増加、ノービザあるいは目的地での簡易ビザ発給が可能な国や地域の増加、航空便の増加による利便性の向上などを挙げて説明した。

 また、例えば日本ではアニメ作品の舞台を巡る旅や医療体験旅行など、新たな観光製品が続々と出現し、より多くの観光客を引き付けていること、国外のテーマパークを目的とした子連れ観光客の増加も背景にあり、ショッピングやグルメだけではなく優れた生活環境やサービス、気候、空気、商品、医療、教育など様々なものが中国人が国外を訪れる動機になっていると解説している。

 記事は「中国の年間海外旅行者数はすでに日本の総人口に相当するレベルに達したが、実際は全人口の10%しか国外旅行をしていないことになる。国外旅行は依然として巨大な潜在力を持っている」と評した。

 日本政府観光局(JNTO)の統計によると、昨年日本を訪れた中国人観光客は前年比27.6%増の637万3000人となった。この数字は中国の人口13億人に対して0.5%に満たない。訪日中国人観光客の「伸びしろ」はまだまだ大きいと感じさせると同時に、日本を「実感」している中国人がなおも非常に少ないことを改めて認識させられる。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:(C)Yulia Zhukova /123RF)