“相撲大好き芸人”として登場した、ナイツ・塙宣之(下段左端)ら/(C)テレビ朝日

写真拡大

ことしの最初の本場所となった1月場所で優勝を決めた稀勢の里関が、横綱に昇進し、第66代横綱・若乃花以来19年ぶりに日本出身横綱が誕生した。

【写真を見る】相撲大好き芸人たちが大興奮の取り組み&エピソードの数々を披露!/(C)テレビ朝日

そんなふうに角界がかつてない盛り上がりを見せている中、2月12日(日)放送の「日曜もアメトーーク!」(テレビ朝日系)には、相撲が好きな“相撲大好き芸人”たちが登場し、相撲に関するアレコレを分かりやすく教える。

今回、“相撲大好き芸人”として登場するのは、NHKの大相撲中継解説でもおなじみのデーモン閣下の他、ナイツ・塙宣之&はなわ兄弟やあかつら相撲に造詣が深い芸人たち。くしくもこの回の収録直前に第72代横綱・稀勢の里が誕生したことで盛り上がりつつ、相撲の面白さ、すごさ、注目の力士などについて解説していく。

知りたい側ゲストの、アンタッチャブル・山崎弘也、ブラックマヨネーズ・小杉竜一、DJ KOOも大興奮の取り組み&エピソードの数々が飛び出す。

「歴代横綱一気見せ!!」では、第54代横綱・輪島から稀勢の里関まで、19横綱の華麗なる取り組みをVTRでプレーバック。北の湖、千代の富士ら昭和を彩った横綱たちから曙、貴乃花、若乃花ら近年の相撲界を盛り上げてきた横綱たちまで、印象的なエピソードとともに紹介していく。

また、相撲に数ある“決まり手”の中でも「めったに出ない&豪快な決まり手」というものも多々。「こんな決まり手もあるんだ!」と、思わず驚いてしまうようなものも飛び出し、雨上がり決死隊の2人を驚かせる。

『相撲大好き芸人』たちがこぞって「大相撲のここを見てほしい!」とオススメするポイントも紹介。“朝青龍vs白鵬”という、モンゴル出身の2大横綱による壮絶な直接対決や、小泉純一郎元首相の言葉も注目された、貴乃花が優勝を決めた一番など、大相撲における名勝負・名場面の数々が「これでもか!」とよみがえる。

相撲に興味があったけどなかなか見る機会がなかった人も、生粋の相撲ファンも、これを見れば次の場所が待ち遠しくて仕方ないこと…“待ったなし!”だ。