「人生タクシー」ポスター (C)2015 Jafar Panahi Productions

写真拡大

 第65回ベルリン映画祭金熊賞を受賞した、イランの名匠ジャファル・パナヒ監督作「人生タクシー」の予告編が公開された。

 故アッバス・キアロスタミ監督に師事し、世界三大映画祭(独ベルリン、仏カンヌ、伊ベネチア)での受賞経験を持つパナヒ監督が、イラン政府への反体制的な活動を支持したとして、20年間の映画監督禁止令を受けた自身の状況を逆手にとって製作した意欲作。

 予告編では、イラン・テヘランの街中で自らタクシーを運転するパナヒ監督が、乗客と対話する模様を切り取った。車内据え置きのカメラで撮影された老若男女の人生模様が映し出される。

 「人生タクシー」は、4月15日から、東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。