2016年のカンヌ映画祭で 写真:Theodore Wood/Camera Press/アフロ

写真拡大

 「エレファント・マン」「エイリアン」「ハリー・ポッター」シリーズなどで知られる英俳優ジョン・ハートさんが1月27日(現地時間)、英ロンドンで死去した。77歳だった。ハートさんは2015年6月以降、膵臓がんの闘病中だった。

 ハートさんは1940年1月22日、英ダービーシャー州チェスターフィールド生まれ。60年代から、120本を超える映画をはじめ、テレビシリーズや舞台などで幅広く活躍した。78年のアラン・パーカー監督作「ミッドナイト・エクスプレス」でアカデミー助演男優賞、80年のデビッド・リンチ監督作「エレファント・マン」で同主演男優賞にノミネートされた。

 ハートさんは作品中で“よく死ぬ俳優”としても知られ、特に「エイリアン」(79)での死亡シーンは、映画史上最もショッキングな瞬間のひとつとも言われている。ハートさん自身もそのことを自覚していたそうで、自らのYouTubeチャンネルに「The Many Deaths of John Hurt」と題した動画がアップされている(www.youtube.com/watch?v=kHk-ooDV2HE)。

 その他の代表作に「天国の門」「ロブ・ロイ ロマンに生きた男」「1984」「Vフォー・ヴェンデッタ」「裏切りのサーカス」など。新作は、ナタリー・ポートマンがジョン・F・ケネディ元大統領夫人ジャクリーン・ケネディを演じた「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」(3月31日公開)に神父役、ゲイリー・オールドマンがウィンストン・チャーチルを演じる「Darkest Hour(原題)」(2017年米公開)にネビル・チェンバレン役で出演している。