眠れない………。つらい不眠。睡眠導入剤を試してみたいけれど何を飲めばいい? ドラッグストアで市販されているクスリでもいいの? どれぐらい飲んだらいいの? 正しく飲まないとちょっとコワイ……そんな睡眠導入剤だからこそ、プロの友野さんがお答えします。

眠りの専門医の指示に従って飲みましょう

長いこと不眠に悩んでいらっしゃる方へ、まず睡眠の専門医を訪ねることをおすすめします。そこで睡眠導入剤が処方されると思いますが、専門医の処方に従って飲めば、睡眠導入剤は恐ろしいものではなく、効果が期待できるものです。

ここで「専門医」であることに注意してください。たとえかかりつけの医師でも、内科の医師でも、睡眠についてはあまり詳しくない人はたくさんいます。詳しくなくても睡眠導入剤を処方できるのですが、必ずしも適切に処方されるとは限りません。ですからぜひ、睡眠の専門医を探してください。最近は「睡眠外来」という睡眠専門の外来も増えてきています。

病院に行って、いいお医者さんかどうかの見分け方は簡単です。いいお医者さんであれば、睡眠導入剤を処方するだけということは絶対にありません。必ず、行動療法とともに診断されます。あなたの生活習慣や睡眠パターンなどと照らし合わせて処方され、同時に生活習慣についての指導もしてくれます。毎日同じ時間に寝るとか、起床時間の時差は1時間以内に、とか。睡眠障害の基盤にあるのは生活習慣のリズムの乱れであり、そこから派生する自律神経の乱れです。そこの改善なくして、クスリだけで治ることはあり得ないからです。

ここでも睡眠日誌がとても役に立ちます。どういうときに眠れないのか、客観的な記録が重要です。専門医の診断を受けるときも、この情報があるのとないのとでは、治療のスタート地点が違います。より効果的な治療を診断したその日から受けることができるのです。婦人科にかかる際、基礎体温表を持って行くのと行かないのでは大違いであるのと同じです。

睡眠導入剤のクオリティーは、近年めざましく向上しており、効果の高い、かつ反作用の少ないものが増えています。ですから、睡眠薬=こわいクスリ、という昔ながらのイメージはどうぞ振り払ってください。とはいっても、それは正しく服用された場合のこと。飲む人の意識や使い方によって効果が左右されることはあります。だからこそ専門医の処方に従って飲む必要があります。

ありがちなのが、少し症状が改善されたからといって自分の判断で服用を止めたり、量を減らしたりすること。クスリを常用することを恐れるあまりの行動だと思いますが、こちらのほうが危険なのでやめましょう。クスリのやめ時はしっかりとお医者さんと相談しましょう。自己判断ではリバウンドするリスクがあるからです。

不眠の初期症状を悪化させないためにも効果がある

それでも睡眠導入剤への恐怖や罪悪感が根強い人もいらっしゃると思います。「クスリに頼ってはいけない」という思いから、本当は飲むべき症状であるにもかかわらず、ガマンして飲まない人が少なくありません。クスリの代わりにお酒の力を借りるなど、逆に状態を悪化させてしまうケースも見られます。

だからこそ、眠れずに悩んでいる人は、ガマンするより専門医のドアを叩いてみることをおすすめします。睡眠導入剤に頼ることは悪いことではなく、むしろ不眠の初期症状を進行させないためのステップだと考えてください。もちろん、生活習慣や寝室環境の見直しなど、自分で改善できることは改善しましょう。でも、それでも眠れない人は、それ以上ガマンせず、専門医に頼りましょう

市販のクスリについては、初期の段階で試してみることは決して悪いことではありません。ただ、こうした市販薬を飲んでも眠れなかった場合、どうしてだろう? と心配のタネが増えてしまうことになりかねないことが懸念されます。

不眠解消のために、ちょっといいモノを使うこともおすすめします。たとえばおいしいハーブティーを飲んだり、好きなバスソルトを入れたお風呂に浸かるなどといった行動も、快眠を促すのに効果的な習慣です。気持ちをリラックスさせるために、ちょっと高くてもお気に入りのパジャマを買って着ることもおすすめです。これも快適な眠りを手にするためのいいスイッチになります。

睡眠導入剤は専門医のいる病院で処方してもらいましょう。



■賢人のまとめ
睡眠導入剤は専門医の指示に従って飲めばコワイものではありません。不眠の初期症状にも効果が期待できます。ただし、くれぐれも自己判断で飲まないようにしましょう!

■プロフィール

睡眠の賢人 友野なお

睡眠を改善したことにより体質改善に成功した経験から、睡眠を専門的に研究。
科学でわかるねむりの環境・空間ラボ主宰。著書に『やすみかたの教科書』(主婦の友社)など。