長久允監督 『第33回サンダンス映画祭』授賞式より

写真拡大

長久允監督の短編映画『そうして私たちはプールに金魚を、』が、『第33回サンダンス映画祭』ショートフィルム部門のグランプリを受賞した。

【予告編を見る】

CMプランナーとしてNTTドコモ「ドコモダケ」シリーズなどを手掛けた長久允監督による同作。2012年に埼玉・狭山で学校のプールに400匹の金魚が放流され、「半裸で一緒に泳いだ」「一緒に泳ぎたかった」と話す女子中学生4人が書類送検された実際の事件が原案になっている。

主演を務めるのは湯川ひな。さらに松山莉奈、西本まりん、菊地玲那、黒田大輔、山中崇、野上絹代をはじめ、クリトリック・リス、NATURE DANGER GANG、フジロッ久(仮)らが共演者に名を連ねている。挿入歌は『ミスiD』のファイナリストにもなったユキちゃんが歌う南沙織“17歳”のカバー。NATURE DANGER GANGがアレンジを担当している。