ティーピーリンクジャパン、ノートパソコンでも邪魔にならない小型の無線LAN子機を発売

写真拡大

ティーピーリンクジャパンは、IEEE802.11ac(以下、802.11ac)に対応する対応Wi-Fiルーター子機2種「Archer T1U」「ArcherT2U」を 2017年1月28日(土)より発売する。価格はArcher T1Uが1,490円(税込)、デュアルバンド対応で高速ネット接続可能なArcher T2Uが1,680円(税込)。

AC450 ナノ無線LAN子機 Archer T1Uは、最大433Mbpsの転送速度に対応する。ビデオ観賞やインターネットの音声通話に最適な、安定したWi-Fi環境を利用できる。非常に小型なので、他のUSBポートを邪魔せず、差し込んだままで使用することが可能。USBポートにぴったりとおさまるよう設計されており、ノートPCを持ち運んだり保管する際も、アダプターが外れる心配がないようになっている。

Archer T1U を SoftAPモードに切り替えると、有線接続のデスクトップPCまたはノートPCを Wi-Fiホットスポットに変えることができる。これにより、持っているモバイルデバイスでも、Wi-Fi接続を提供できる。複数のデバイスでより快適にインターネット接続を行いたい方にお勧めの機能だろう。

AC600 デュアルバンド無線LAN子機 Archer T2Uは、最大433+150Mbpsに対応。小型なので、持ち運びにも便利だ。また、古いノートパソコンでも、Archer T2Uを接続すると、高速のインターネット接続が可能に。場所を選ばず安定した通信を維持できるので、持っているデバイスでゲームや動画を思い切り楽しむことができるだろう。

ArcherT2Uは、5GHz帯の433Mbpsと、ホットスポットに多い2.4GHz帯150Mbpsとの、2つの帯域で通信が可能。接続する親機やデバイス、用途に合わせて周波数を選ぶことができる。

03

■ティーピーリンクジャパン

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
・DMM mobileで2周年を記念した大感謝祭を開催。豪華賞品が総計2510名に当たる
・異素材を組み合わせた、衝撃に強いiPhone用ケース
・iPhone所有率が多いのはどんな職業? 女性のスマートフォン利用実態調査。MMD研究所調べ
・置くだけでiPhoneを充電できるバッテリーケース
・冷却ファン+モバイルバッテリー+スタンドにもなるグリップ