先週、私が住む滋賀県北部で大雪が降った。どれぐらいの雪だったかというと、これぐらいだ。

「玄関を開けたらそこは雪国だった」と、たぶん500人ぐらいが言ったと思う。それほどの積雪量で、車は埋まるしポストは埋まるし、とにかく家から出ることができない。雪かきをしようにも、後から後から降ってくるから、途中であきらめるしかない。それでもまだ、この時は楽観していた。なあに、明日には溶けるだろうから大丈夫だよ……

しかし私は甘かった。その日の夜から国道は完全に麻痺して大型トラックが何時間も立ち往生した。雪が容赦なく降り続いたのだ。車が出せたとしても、これはアウトだと絶望した。そして、雪はやむ気配がない。これはまずいことになったと焦った。というのも、冷蔵庫が空だったのだ。それでも、歩いて3分の距離にある24時間営業のコンビニに行けば何かあるだろうと考えていた。でも、大雪で国道が麻痺していたらなにも届かないではないか。盲点だった。やってしまったぁ!

1日目はどうにかなった。2日目もなんとか工夫して何品か作った。しかし、3日目には本当に冷蔵庫が空っぽになってしまい、どうにもならない。その時までに雪はやんでいたものの、わずかしか溶けていないから、庭には1メートルほど積もったままだった。

意を決してスコップを担いで、ズボズボと埋まりながら車まで辿りつき、雪かきを始めた。天国のお父さんとお母さん、見てますか!! 娘はこんなこともできるようになりました!!

……30分ほど雪かきをして、やっとのことで車を動かすことができた時には頭から湯気が出ていた。凍結した道をそろそろと走ってスーパーに辿りつき、感動した。野菜って本当に美味しそう(泣)。なにもかもが美味しそう(歓喜)。スーパーのありがたさに感謝しつつ思う存分買い物をして、家に戻り、久々に作った料理が今週紹介するレシピだ。前置きがいつもに増して長くなった。すいません。

レンコンは5ミリほどの厚さに切って、水にしばらく漬けておく(固いので指を切らないように!)。その間に牛肉の薄切りを丁寧に広げて塩こしょうし、そこにフレンチマスタードをたっぷり塗って、折りたたむ。レンコンで挟んだときに、マスタードがはみ出さないように、しっかりとやりましょう。

レンコンを水から出してキッチンペーパーで拭き、軽く小麦粉を振る。2枚のレンコンの間に先ほどマスタードを塗った牛肉を挟んで、あとは小麦粉、卵、そしてパン粉をつけて揚げるだけだ。

これがおいしいんですよ! マスタードをたっぷりつけて食べると、これまた最高なんです。挟んでいるというのに追いマスタード。これがポイント。

おにぎりばかり食べていたつらい数日間のあとのフライは夢のようだった。皆様も是非。

材料 (2人分)

レンコン 約150グラム

牛肉の薄切り 適宜

塩こしょう 適宜

フレンチマスタード 適宜

卵 1個

小麦粉 適宜

パン粉 適宜

♦【村井さんちの田舎ごはん】まとめはこちらでチェック