グーグル創業者も抗議デモ参加 反トランプでIT業界が団結の動き 

写真拡大

1月28日、米国各地の国際空港には「トランプにノーを」「米国は移民の国だ」といった声をあげる抗議集団が押し寄せた。ニューヨークのケネディ国際空港には約2,000名のデモ隊がつめかけ、サンフランシスコ国際空港には地元のIT業界関係者らの姿も多数確認された。

「ようこそイスラム教徒たち」と書かれたボードのそばにはYコンビネータ社長のサム・アルトマン(31)の姿があった。シリコンバレーで最も影響力の強いベンチャー投資家である彼も抗議の群れに加わっていたのだ。

フォーブスの取材に彼は「これは人々がトランプ政権に一致団結して立ち上がった決定的瞬間だ」と述べた。「(移民排斥措置は)許し難い暴挙であり、我々は抗議の声をあげねばならない」

アルトマンは当日の朝、「立ち上がるべき時が来た」と題したブログを公開し、抗議活動の模様を知って現場に駆けつけたという。デモにはグーグル共同創業者のセルゲイ・ブリンも参加しており、参加者らとともにセルフィーを撮り、40分間にわたり活動家らと行動をともにした。

「私も移民だ。だからここに来た」とブリンは述べた。

アルトマンはYコンビネータの役員らと今回の件を話し合ってきたという。28日にはアップルのティム・クックCEOやマイクロソフトのサタヤ・ナデラらが従業員宛のメールで、大統領令に対する不満や、移民が彼らの企業にとっていかに重要であるかを述べていた。

「抗議の意思を示す多くのCEOらと、メールやメッセンジャーで言葉を交わした。個人的な会話の内容は明かさないが、この抗議が何らかの結果をもたらすことを期待している。望むべくはここ数日の間に」とアルトマンは述べた。

イーロン・マスクも懸念を表明

翌29日未明にはアルトマンと親交が深い、テスラのイーロン・マスクもツイッターで、言葉を選びつつ移民政策に関する意見を述べた。マスクは新政権の諮問委員を務めており、トランプとは複数回のミーティングを重ねている。

「イスラム教徒が多い特定の諸国民らの入国を包括的に禁ずることは、米国の未来を切り拓く上で最良の選択とは言えない」とマスクはツイッターで述べた。

アルトマンによると移民の入国禁止は、エアビーアンドビーやドロップボックスといったシリコンバレーの有名企業に資金を注ぐ、Yコンビネータに多大な衝撃を与えるという。

「問題はイスラム教徒だけの話ではない。全ての移民たちがたとえグリーンカードを持っていても、再入国を断られる。我が社が支援する多くの企業の創業者が移民たちだ。イスラム教徒の排斥は反アメリカ的な移民政策の象徴だ」とアルトマンは述べる。

Yコンビネータは同社のメンバーにピーター・ティールが加わっていることに関し、強い非難を浴びていた。ティールは選挙期間中からトランプの応援を繰り広げ、今や政権移行チームの主要人物となっている。大統領選挙の以前から、アルトマンはティールとは相容れない意見であることを述べていた。しかし、政治的意見の違いを理由に役員会から追放することは拒んでいた。

28日にティールの広報担当者は短い声明を発表し「ピーターは信仰にもとづいて移民を選別することを支持しない。トランプ政権もそのような措置をとっているわけではない」と述べた。

アルトマンはそれ以来、ティールと会話をしていないという。「今回の措置が宗教に基づくものではないという主張は正しいが、これは移民の入国制限は受け入れ難いものだ。彼とはこの件で近々話すつもりだが、私は彼とは異なった意見を持っている」と述べた。

抗議グループに勇気づけられたアルトマンは、今後に対しては楽観的だという。彼はデモの群れに消えていきながら次のように語った。

「こんな事態はぜひとも避けたかったが、ここに集まった人々には勇気づけられた。さっき選挙でトランプに投票したという人物に会ったんだが、彼はこう言ったんだ。彼に投票したのは間違いだった、と」