(写真:gettyimages)

写真拡大

29日放送の「Going! Sports&News」(日本テレビ系)で、亀梨和也が約2年を費やした豪速球プロジェクトが失敗に終わった。

番組は、2015年4月にスタートした亀梨の“140キロ豪速球プロジェクト”の存続を決めるテスト結果を放送。亀梨は巨人・菅野智之投手らの自主トレキャンプ地で球速を上げるためのトレーニングを取材し、最後に120キロ出なければプロジェクトが強制終了するテストに臨んだ。

投球を教えてくれた菅野らが見守るなか、テストに挑戦した亀梨だったが、自己記録を更新する115キロでプロジェクトは終了。亀梨は「教えてくれた選手に申し訳ないです」とその場に崩れ落ちたのだった。

VTR後、くりぃむしちゅー・上田晋也は「そうか…残念だったね。トレーニングしているのも知ってたし、頑張った!」と慰めると、「バリカン持ってきて!」とお笑い風の罰ゲームを要求。亀梨は、改めてプロジェクト終了に悔しさをにじませ、罰ゲームについては「アイドルスイッチを入れなきゃいけないので」と断固拒否していた。

【関連記事】
亀梨和也と中丸雄一、メンバー脱退に触れられ困惑「ようやく落ち着いたタイミングなんで…あまり触れたくはないです」
有吉弘行がKAT-TUNの亀梨和也に直球質問「今後の活動を教えて下さい」
芸能リポーターの駒井千佳子氏がSMAP食事会に亀梨和也が出席した理由明かす