中国では大型連休を迎えるたびに、多くの中国人旅行客が日本を訪れている。旅行会社の予約状況から見た人気の渡航先でも、日本は常にランキング上位だ。中国では旧正月(春節)を迎え、多くの中国人が日本を訪れていることからも人気のほどが見て取れる。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国では大型連休を迎えるたびに、多くの中国人旅行客が日本を訪れている。旅行会社の予約状況から見た人気の渡航先でも、日本は常にランキング上位だ。旧正月(春節)を迎え、多くの中国人が日本を訪れていることからも人気のほどが見て取れる。

 だが、日本を訪れたことのない中国人からすると、「なぜ多くの中国人が日本を訪れるのか」、そして「日本はどれだけ発達した国なのか」ということが気になるようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人から見た日本の発達度合いについて議論する記事を掲載、中国人ネットユーザーたちが議論を交わしている。

 記事には、日本を訪れた経験がある中国人のほか、日本在住の中国人から多くのコメントが寄せられているが、経済的なことよりも、社会の発達水準を紹介する意見が多い。例えば、中国の日系企業に勤務していて、日本も訪れたことがあるという中国人からは「日本は非常に清潔で、日本人は民度が高く、礼儀正しく、約束を守る」という意見があった。

 また、日本は技術面でも政治面でも経済、文化などありとあらゆる面で「中国より発達し、成熟している」という声のほか、「日本には貧富の差が小さく、調和の取れた社会がある。日本では物を紛失しても戻ってくるし、人びとは道を尋ねればきちんと教えてくれるし、友好的」といった声もあった。

 記事には470件を超えるコメントが寄せられているが、驚くべきことは日本を批判、非難するコメントが見られなかったことだ。日本が中国より成熟し、発達した国であることを素直に認めている中国人が多いようだ。「衣食足りて礼節を知る」という言葉があるが、日本経済の発達ぶりについては中国人にとっても「周知の事実」であり、経済が発達した結果として、日本には秩序があって調和の取れた社会が構築されたと考えているようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)