中国では日本を批判することをを愛国心と結びつける人がおり、日本製品を買うこと、使用することは「非愛国的」であると主張する人が少なからず存在する。日系車もしばしばこうした批判の対象となる。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国では日本を批判することをを愛国心と結びつける人がおり、日本製品を買うこと、使用することは「非愛国的」であると主張する人が少なからず存在する。日系車もしばしばこうした批判の対象となる。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、多くの中国人が日系車に対して「愛憎相半ば」の感情を抱いているとしながらも、「誰だって日系車の性能を否定することなどできない」と伝え、「未だに日系車の批判を繰り返す中国人は目を見開いて日系車を見てみるべきだ」と指摘している。

 記事は、歴史問題などを理由に日本が嫌いだったとしても「日系車の性能と質の高さを否定することなど誰にもできない」と主張し、自動車を購入するために必死にカネを貯めた中国人ならば「誰だって満足できる車が欲しいと思うはず」と指摘。そして、誰でも満足できる車こそ日系車であるとの見方を示した。

 続けて、自動車を購入する大多数の中国人消費者の関心事は「故障」と「燃費」であると指摘し、その2点が特に優れているのが日系車であると指摘。実際に日系車を購入した中国人消費者の多くが「燃費が良く、故障が少ない」という事実を評価していたと伝え、日々使用する自動車だからこそ、問題は少ないほうが良いに決まっていると論じた。

 また記事は、中国のネット上では「日系車は安全性に劣る」といった書き込みが多く見られると紹介する一方、こうした書き込みは「デマ」であるとし、その証拠は米国と欧州で実施されている自動車アセスメントで高い評価を得ていることであると指摘。ネット上に氾濫する日系車の安全性をめぐる各種書き込みは「同意できるものではない」と論じている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)