お妙さんはやっぱり美人なんだ
 - (C) 空知英秋/集英社 (C) 2017「銀魂」製作委員会

写真拡大

 実写版『銀魂』(7月14日公開)より、長澤まさみ演じる志村妙とムロツヨシ演じる平賀源外のキャラクタービジュアルが初公開された。

 週刊少年ジャンプで連載され、累計発行部数5,100万部を超える空知英秋の人気漫画を実写化する本作。脚本・監督を務める福田雄一のもとには、主演の小栗旬をはじめ、豪華キャストが集結した。主人公・坂田銀時(小栗)を中心とした万事屋メンバーの志村新八(菅田将暉)&神楽(橋本環奈)、銀時の盟友・桂小太郎(岡田将生)に続いてビジュアルがお披露目されたのは、長澤による新八の姉・妙と、ムロがふんした発明家の源外。

 ポニーテールにピンクの着物、買い物袋を手に、優しい笑顔を向ける妙は、優しそうなそのルックスとは裏腹に、高い戦闘能力を隠し持ったキャラ。長澤は劇中で、これまでの印象を覆すほどの変顔にも挑戦しているといい、長澤の振り切った演技に注目だ。

 ムロ演じる源外は、銀時が頼りにする江戸一番の発明家。年齢の高い設定にもかかわらず、「いつものムロさんで演じてほしい」と監督から言われ、本人は困惑気味だったとか。キャスト情報解禁時には「いざ現場に入ると意外とハゲの髪型とひげが似合うので、ゆくゆくはこの髪型にしたいなと思っています(笑)」とコメントしたムロだが、特殊メイクとハゲのカツラ、口ひげをたくわえた姿を見ると、その発言にも納得だ。

 そして、よく見ると二人のビジュアルにひっそり映り込む“ジャスタウェイ”。本来は爆弾のはずだったが、印象的な顔立ち(?)がファンの心を奪い、風鈴になっていたり、料理のダシに使われていたりと、随所に登場する隠れた人気キャラだ。

 『銀魂』の舞台は、宇宙からやって来た天人(あまんと)が台頭するパラレルワールドの江戸。万事屋を営む風変わりな侍・銀時と仲間たちの周りで起こるさまざまな事件を人情とユーモア、そしてアクション満載に描く。キャストはほか中村勘九郎(近藤勲役)、柳楽優弥(土方十四郎役)、吉沢亮(沖田総悟役)、新井浩文(岡田似蔵役)、菜々緒(来島また子役)、堂本剛(高杉晋助役)らが名を連ねる。(編集部・小山美咲)