ファスベンダーが日本にやってくる!
 - (C) 2016 Twentieth Century Fox and Ubisoft Motion Pictures. All Rights Reserved.

写真拡大

 俳優のマイケル・ファスベンダーが、1人2役とプロデューサーも務めた新作『アサシン クリード』を引っ提げ、映画PRとして初の来日を果たすことが明らかになった。それに伴い、大規模なレッドカーペットイベントが開催される予定だという。

 大ヒットゲームの世界観をベースに、新たなストーリーとキャラクターで実写映画化した『アサシン クリード』。遺伝子操作によって、スペインでアサシンとして活躍した祖先の記憶を追体験させられる死刑囚のカラム・リンチが、歴史に隠された謎に挑む姿を描く。

 本作でカラム・リンチとその祖先である伝説のアサシンという2役をこなし、さらにはプロデューサーとしても名を連ねているファスベンダー。『X-MEN』シリーズや『プロメテウス』など数多くの作品に出演し、日本でも人気を誇っているが、映画のPRとしての来日は、なんと今回が初めて。

 しかし、プライベートで日本を訪れたことはあり、ファスベンダーは「キモノを着て写真を撮ってもらったんだ。それから、カラオケを楽しんだ。あと印象に残ったのは、日本の人々だね。みんな親切で、日本の文化や伝統が彼らにきちんと受け継がれているのがわかった」といかに日本に魅了されたかを語った。

 そんなファスベンダーは先日、Time Out 誌に俳優業をしばらく休止する予定であることを告白。俳優を辞める可能性も否定せず、世界中を驚かせた。そのため、本作のほかに『エイリアン:コヴェナント』の日本公開も9月に控えているが、この機会が俳優として最初で最後の来日となる可能性も考えられる。ファスベンダーは一体、日本で何を語ってくれるのか。期待が高まるばかり。(編集部・石神恵美子)

映画『アサシン クリード』は3月3日全国公開