29日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本の高齢社会の現実について伝える記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は日本の高齢者。

写真拡大

2017年1月29日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本の高齢社会の現実について伝える記事を掲載した。

記事は、日本はすでに高齢社会に突入しており、生活のストレスが大きく、年金だけでは生活が苦しいため70歳や80歳でも働いている人も少なくないと紹介した。

また、孤独の問題も深刻だと指摘。日本のテレビ番組の一部を紹介し、夫を亡くした高齢の女性が、「話し相手がおらず寂しい」「早く死にたい」と語ったことを伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「中国はもっと悲惨だ。社会福祉制度や医療保険などごみの中のごみ」
「俺は1980年代生まれだが、同じように思う。生活に疲れすぎた。親も子供もいなかったら倒れたまま起き上がりたくない」

「50歳まで生きて両親を見送ったら自殺したいな。生きることは疲れるだけで何の意味もないから」
「中国は日本より悲惨な状況になる。日本人は収入が多いからまだ老人を養えるが、中国には無理だ」

「中国の老人はもっとみじめだ。特に農村部では子供は面倒を見ないし、3度の食事もままならず、病気になっても古びた家で寝込むしかない」
「死にたかったら中国に来たらいいよ!毒空気、毒水、毒食物、毒のある社会制度。何かしらの毒で死ねるよ」

「日本は幸福だな。年をとってから生活が苦しいと知るのだから」
「われわれ80年代、90年代生まれにこういう記事を見せるなよ。それでも絶対に2人目は生まないからな!」(翻訳・編集/山中)