写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●その名も「ウォッチブル」
外出時には必ず時計を装着するジャイアン鈴木です。スマートウォッチが世に出回り始めてから、外出先で電話やメールを逃したくない心配性なワタシは、Apple WatchやAndroid Wearを愛用していますが、たまには気分を変えてフツーの腕時計を使いたくなることがあります。

そんなワタシにズバリ&ピッタリな製品がサンコーから発売されました。その名は「ウォッチブル」。iPhoneの通知と連動して、振動で知らせてくれる超軽量極小の通知専用Bluetoothデバイスです。

サイズはW25×D15×H8.5mm、重量は約4g。ボディは樹脂製でちょっとチープですが、非常にコンパクトかつ軽量に作られています。

本製品の対応機種はiOS 10.1.1以降。筆者はiOS 10.2.1を適用した「iPhone 7 Plus」で試用しましたが、正常な動作を確認しました(メーカー、筆者、編集部が正常動作を保証するものではありません)。

●普通の時計を振動させる
ウォッチブルは非常にシンプルな作りです。本体にはボタンやLEDランプなども存在しません。充電は専用充電ケーブルで行ない、そのクリップ部のLEDで充電関連のステータスを確認します。

ウォッチブル本体はシリコンゴムで時計のベルトに装着します。価格面もあるでしょうが、装着・脱着のしやすさや、さまざまな厚み・幅のベルトに対応できるという点では、シリコンゴムに勝る固定方法はないでしょう。

あとは、ウォッチブルとiPhoneをBluetooth接続するだけ。特にアプリをインストールする必要はありません。ただし、LINE、Skype、メール、SMS、電話アプリなどで「通知を許可」が有効になっている必要があります。忘れずに設定しておきましょう。

●通知を受け取るだけなら十分!
さて、実際に使ってみた感想ですが、スマートウォッチはこれでいいんじゃないか感が半端ないです。LINE、Skype、メールの着信は3回、電話の着信は電話に出るまで振動してくれるのですが、振動の強さは十分すぎるほど。手を振りながら歩いていても気づかないことはまずないでしょう。

そして何気に便利なのがiPhone置き忘れ防止機能。iPhoneとの接続が解除されるとウォッチブルは4回振動して知らせてくれます。電波到達距離が10mと短いので、自宅でもほかの部屋に移動するだけですぐ振動します。

もちろんApple Watchや活動量計などと比べれば、アプリが動かない、心拍・歩数・睡眠時間を計れない、もちろん自動時刻補正機能などは搭載していないとできないことは多々ありますが、多くの人にとっては通知を受けられるだけで十分ではないでしょうか? 実際ワタシは、Apple Watchをメインのスマートウォッチとして利用していますが、常に装着していないので活動量をすべて計測できていませんし、アプリはほとんど使っていません。

ひとつ重大な注意事項があります。ウォッチブルはアプリをインストールせずBluetooth接続するだけで利用できますが、iOSの通知機能の仕様が大幅に変更された場合、連携できなくなる可能性があります。また、本製品は防水仕様ではないので取り扱いには注意が必要です。

しかし、お気に入りの腕時計をスマートウォッチ化できるウォッチブルは想像以上に実用的でした。どのくらいの期間利用できるか不透明な部分もありますが、税込2,980円と比較的安価なので、まずは試してみてはいかがでしょうか? iOSの通知機能の仕様が大幅に変更されたときには、「ウォッチブル2」の登場に期待しましょう!

(ジャイアン鈴木)