写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優のマイケル・ファスベンダーが、主演とプロデューサーを務めた映画『アサシン クリード』(3月3日公開)を引っさげ来日することがこのほど、明らかになった。映画のPRとしての来日は今回が初めて。

本作は、遺伝子操作によって、アサシンとして活躍した祖先の記憶を呼び覚まされた男が、歴史に隠された真実に挑むミステリー・アクション。全世界でシリーズ累計9,600万本以上を売り上げた世界的に有名なゲームと世界観は共有しているものの、主人公などキャラクターは異なり、新しいストーリーで描く実写作品だ。ファスベンダーは、記憶をなくした死刑囚カラム・リンチと彼の祖先である伝説のアサシンの2役を演じ、プロデューサーも務めた。

ストイックな役作りでも知られ、『スティーブ・ジョブズ』で第88回アカデミー賞主演男優賞候補にもなったファスベンダー。演技だけでなく、「TC Candler.com」が毎年発表している"世界で最も美しい顔 100人"の1位に輝いたこともあるほどセクシーなルックスで人気を博している。過去にプライベートで来日したことがあるファスベンダーは「キモノを来て写真を撮ってもらったんだ。それから、カラオケを楽しんだ。あと印象に残ったのは、日本の人々だね。みんな親切で、日本の文化や伝統が彼らにきちんと受け継がれているのがわかった」と日本に魅了されたようだ。

先日には、Time Out誌に俳優業をしばらく休止する予定であることを明かし、世界中を驚かせたファスベンダー。俳優を辞める可能性も否定しなかったことからも、日本では『エイリアン:コヴェナント』の公開も9月に控えているが、この機会が俳優としては最初で最後の来日となる可能性すらある。プロデューサーも務め、俳優との二足のわらじで挑んだ渾身の一作。来日では、大規模なレッドカーペットイベントを開催することが予定されている。

ファスベンダーは「この物語にあっという間に引き込まれた」と言い、さらには、アクションもみどころの本作で、戦闘シーンの95%は自身で演じたという。日本の地で何を語るのか、注目が集まる。

(C) 2016 Twentieth Century Fox and Ubisoft Motion Pictures. All Rights Reserved.