レーティング:マインツ1-1ドルトムント《ブンデスリーガ》

写真拡大

▽ブンデスリーガ第18節マインツvsドルトムントが29日に行われ、1-1で引き分けた。マインツのFW武藤嘉紀は74分までプレーし、ドルトムントのMF香川真司はベンチ入りも出場機会はなかった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽マインツ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK

1 レッスル 5.5

防げるシュートは止めていた

DF

2 G・ドナーティ 5.5

ロイスにうまく対応した

16 ベル 6.0

スペースを埋めてオーバメヤンに対応

26 ブンゲルト 6.0

1度際どいヘディングシュートを浴びせる。守備も無難

18 ブロシンスキ 5.5

シュールレに対応するべく守備に徹した

MF

8 エツナリ 6.0

正確なクロスで同点弾演出

25 ガバミン 4.5

1失点目は彼のボールロストが原因。その後も何度か危険な位置でのロストがあった

(→ラマーリョ 5.5)

守備を締めた

20 F・フライ 5.5

高い位置から献身的にプレスをかけた

(→ザイデル 5.0)

攻撃面で違いを見せられず

6 ラツァ 6.0

値千金の同点弾

17 ハイロ 5.5

守備をこなす

FW

9 武藤嘉紀 5.0

1度惜しいラインブレイクを見せるもオフサイドに阻まれる。守備に追われた

(→デ・ブラシス 5.5)

終了間際に際どいシュートを放つ

監督

M・シュミット 5.5

守備に徹して1チャンスを生かした

▽ドルトムント採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK

38 ビュルキ 5.5

リーグ戦7試合ぶりの出場。鋭い飛び出しを見せていた

DF

26 ピシュチェク 5.0

ラツァのマークに付ききれなかった

25 パパスタソプーロス 6.0

安定感あるプレーで最終ラインを締めた

28 ギンター 5.5

概ね安定していた

29 シュメルツァー 5.0

失点場面では簡単にクロスを上げさせた

MF

27 カストロ 6.0

攻守によく絡んだ

(→プリシッチ -)

33 ヴァイグル 6.0

ボールを的確に散らす

13 ラファエウ・ゲレイロ 6.0

幅広く動いてボールを引き出した

(→ゲッツェ 5.0)

O・デンベレ同様、試合に入れなかった

FW

21 シュールレ 6.0

ロイスと共に攻撃を牽引

17 オーバメヤン 5.0

アフリカ・ネイションズカップ敗退後初の試合。スペースがなくなかなかボールに絡めなかった

(→O・デンベレ 5.0)

ほとんどボールに絡めず

11 ロイス 6.0

開始3分に先制ゴールを決めた。ただ、ゴールシーン以外は目立った働きを見せられず

監督

トゥヘル 5.0

勝ちきらなければいけない試合だった。交代策がハマらず

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!

ラツァ(マインツ)

▽突出したパフォーマンスを見せた選手はいなかったが、マインツに勝ち点をもたらしたラツァを選出。守備に追われていたが、得点場面では思い切った攻撃参加だった。

マインツ 1-1 ドルトムント

【マインツ】

ラツァ(後38)

【ドルトムント】

ロイス(前3)