北朝鮮が昨年、中国から輸入したコメの量が2015年と比べ倍増したことが明らかになった。米政府系のボイス・オブ・アメリカ(VOA)が報じた。

韓国のシンクタンク、GS&Jインスティチュートの北朝鮮・北東アジア研究院長を務めるクォン・テジン氏が、中国海関総署の資料を分析した結果によると、北朝鮮は昨年、中国から計4万2000トン、2500万ドル(約28億7000万円)相当のコメを輸入した。これは、2015年(1万7139トン)の2.4倍となる数字だ。

また、穀物すべての輸入量も5万4700トンに達したが、2015年と比べて11.4%の増加に留まった。その一方、全体に占めるコメの割合は35%(2015年)から77%(2016年)に大幅増加した。

クォン氏は、コメ輸入量が大幅に増えた原因を、干ばつのせいで全体の10%以上の水田で田植えができず、生産量が減少したためと見ている。また、不足分については外国からの援助物資や密輸で穴埋めした模様だという。

一方、北朝鮮が昨年、中国から輸入した肥料も2015年の7万1000トンより2倍以上増加した15万8300トンに達した。