「TOKYO PASTA 赤ワイン煮込み ボロネーゼ (370g)」

写真拡大

食の先進都市から、贅沢パスタが誕生する。

【写真を見る】「TOKYO PASTA 蟹の旨み 濃厚うにクリーム (340g)」

日本製粉株式会社は、数量限定の新冷凍パスタ「TOKYO PASTA」を発売。「TOKYO PASTA 赤ワイン煮込み ボロネーゼ (370g)」と「TOKYO PASTA 蟹の旨み 濃厚うにクリーム (340g)」が、2月20日(月)に出荷開始予定となった。

これまでの冷凍パスタとは一線を画す、「TOKYO PASTA」。今まで冷凍パスタを食べたことのなかった消費者に手にとってもらえるよう、新しい価値を追求した。

これまでの冷凍パスタが備えていた簡便性「Ready to eat(すぐに食べられる)」に、「一手間を加え、さらにおいしく」という新しい価値観を加えた、「Ready to cook(すぐに調理できる)」の商品。簡単な調理で、贅沢な味わいを実現させた。

ディナーとしても満足感を得られる高い品質を目指し、希少性のある厳選素材をこだわりの製法で調理し、数量限定で生産する。パスタは原材料の小麦・茹で方にもこだわってプリッと食感を実現させ、満足感のあるボリュームとなった。

「赤ワイン煮込み ボロネーゼ 」は、ゴロっとした肉質の柔らかい黒毛牛肉(アンガス種)を、とろける食感になるまで、赤ワイン入りの調味液で3時間煮込んだ。ソースでも、黒毛牛肉(アンガス種)の挽き肉をふんだんに使用、野菜・ソテーオニオンの甘みと100%仔牛で仕込んだフォンドヴォーの旨みが生きた味わい。

赤ワインを贅沢に使用して仕上げた上質なコク深さを誇るソースが、粗挽きのデュラム小麦を使用して、茹でたての食感のパスタと良く絡む。

「蟹の旨み 濃厚うにクリーム」では、具材に生食用の大粒な北海道産帆立貝柱を使用。加熱を最低限に抑え、帆立の旨みを逃さず、しっとりとした食感に仕上げた。

蟹とうにの旨みが濃厚なクリームソースは、素材本来の旨みを逃がさない製法で、アンチョビの旨み、白ワインのコクと風味を加えた豊かな味わいとなっている。

「世界で最も魅力的な都市」の1位にも選ばれた「TOKYO」。歴史と新しさが融合した街は、日々新しい価値を生み出し続けている。世界中の食材と技術が集うからこそ生み出された新しい贅沢なパスタを、心ゆくまで味わおう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】