カターレ富山、2017新ユニフォームを発表!富山湾の波と「結束」を表現

写真拡大

J3降格2年目、三浦泰年監督を迎えJ2復帰を目指した2016シーズンのカターレ富山。しかし、結果は前季より一つ順位を下げての6位に終わった。

開幕から4勝3分という好スタートを切りながらそれをうまく生かせなかった格好だが、1試合平均の得点数と失点数は前季に比べいずれも改善。新たに就任した浮氣哲郎監督のもと、今季こそは昇格争いに絡んでいきたいところだ。

補強面では、クラブ初のブラジル人選手となるFWパブロ(グレミオ・オザスコ・アウダックス ※昨季はFC琉球でプレー)、191cmの長身FWハン・スヒョン(松本)をともに期限付き移籍で獲得している。

Kataller Toyama 2017 Goldwin Home

カターレ富山 新ユニフォーム

富山の2017シーズン新ユニフォーム、ホーム(1st)は富山湾に「寄せる波(カターレブルー)」と湾の地形の特徴である「あいがめ(濃い藍色)」をグラデーションで表現。

富山湾の波は荒々しいが、どんなに激しい波も寄せては返す。そこから、どんなに厳しい状況であろうと正面から受け止め、それを“超える”強い意志をむき出しにして戦い抜くというカターレ富山の姿勢を表している。

カターレ富山 新ユニフォーム

カターレ富山 新ユニフォーム

袖に取り入れた赤は結束の象徴をイメージ。クラブに関わる全ての力を束ねる意味を込めた。

Kataller Toyama 2017 Goldwin Away

カターレ富山 新ユニフォーム

アウェイ(2nd)は白を基調にしたデザイン。ホームと同じテンプレートを使用している。

カターレ富山 新ユニフォーム

GKユニフォームは、黒のホーム、ピンクのアウェイという組み合わせ。

カターレ富山 新ユニフォーム

カターレ富山 新ユニフォーム

ユニフォームスポンサーは、胸の「YKK」、背中上部の「北陸電力」、背中下部の「北日本新聞」、袖の「アイザック」がいずれも継続している。

本日開催された「キックオフパーティー2017」でのお披露目の様子。シンプルながらもグラデーションがいい味を出している印象だ。