■1Lミニバン市場にトール「8兄弟」が参入

国内市場はスライドドアを備えたミニバンが大人気で、軽自動車から高級車まで様々なサイズやカテゴリーが揃っています。当然どのカテゴリーでも激戦状態にも関わらず、唯一1L級の普通車規格だけが、スズキ・ソリオとOEM供給の三菱・デリカD:2による独占市場になっていました。

そこに参入してきたのが、軽自動車で宿敵のライバルとなっているダイハツ。新ブランドの「トール」と「トールカスタム」を投入してきました。

1

加えてOEM戦略も強力で、親会社であるトヨタのトヨタ店とカローラ店向けには「ルーミー」と「ルーミーカスタム」、またトヨペット店とネッツ店向けに「タンク」と「タンクカスタム」を供給。さらにトヨタと資本関係にあるスバルにも、懐かしのブランド「ジャステイ」と「ジャステイカスタム」を供給し、全部で8ブランドという兄弟編成となっています

■8ブランドのデザイン差別化がポイント

8兄弟のボディデザインの共通点は、全長を3725mmに納めるために前後のオーバーハングを短縮していること。またスズキソリオよりも幅広の全幅1670mmとして、安定したシルエットを実現。更にリアサイドウィンドウを大きく取りながら、リアサイドのショルダーラインを大きく跳ね上げて、躍動感を演出しています。

一方兄弟間の差別化では、異なるフロントマスクなどで標準系とカスタム系の2系統を設定。さらにグリルやモール等のデコレーションで違いを出し、4種類のデザインを創出しました。そしてメーカーとブランド毎に組合せを変えて、8ブランドのラインナップを構成しているのです。

ボディは、5人乗りでスライドドアを備えたコンパクトミニバンのみ。FF仕様のエンジンは1Lの直3ガソリンNAとターボの2種類で、CVTを組み合わせています。またNAエンジンには、4WD仕様も設定されています。燃費もFF仕様のNAで24.6km/l、ターボで21.8km/lと経済性にも優れています。

(星崎  俊浩)

【関連リンク】

2017年コンパクトカーのすべて
http://motorfan-newmodel.com/integration/89/

スズキ・ソリオの独占市場へ、ダイハツ・トール「8兄弟」が参入(http://clicccar.com/2017/01/29/441150/)