株主優待名人・桐谷さんが、2017年に狙っている、 高利回り+優待充実の「株主優待銘柄ベスト3」と 保有中の「大満足の株主優待銘柄ベスト3」を公開!

日経平均が1万4000円台から1万9000円台まで激しく動いた2016年。優待名人の桐谷広人さんはどの株を買ったのか。そして2017年はどの株を狙うのか。

ダイヤモンド・ザイ3月号では、別冊付録として、株主優待名人の桐谷さんら優待投資家おすすめの株主銘柄を多数掲載している。今回は、そのなかから桐谷さんが選んだ「2016年に買って大正解の満足株主優待株ランキング」と「2017年に絶対買いたい垂涎株主優待株ランキング」のベスト3を紹介しよう!

2016年に買って大正解の銘柄は「食」が上位に!
「株主優待+配当利回り」6%超でカニが食べられる銘柄も

 全国の講演活動で、2016年もひっぱりだこだった桐谷さん。だが、株主優待新設や理論株価の情報などをつぶさに見て、狙った株はしっかり購入した模様だ。そんな桐谷さんに買って大満足の株主優待銘柄を聞いてみた(以下で紹介する最低投資額は、2017年1月5日時点の株価を元に算出)。ここでは、ベスト3をご紹介しよう。

 まず1位に選ばれたのが「ヒロセ通商(東J・7185)」。使いやすさに定評のあるFX会社で、食品がもらえるキャンペーンが人気だ。

「株主優待も自社のキャンペーン商品で、100株で24品もの商品がもらえることで話題になりましたね」

 2位は不動産会社向けサービスのほか、飲食事業などを手掛ける「アクトコール(東M・6064)」。株主優待はQUOカードと、飲食店「パンとエスプレッソと」などで使える優待券から選べる。桐谷さんはもちろん、店舗は限られるが株主優待利回りがQUOカードの倍になる後者をチョイス。

 3位はフグやカニ料理の専門店を運営する「関門海(東2・3372)」。自社店舗などで使える優待券で、おすすめは300株の保有。半年で3980円相当が1枚と、最も効率がいい。

◆桐谷さんが選ぶ2016年に買って大正解の「満足株主優待株」ベスト3
株主優待+配当利回り配当利回り最低投資額権利確定月最新の株価
1位 ヒロセ通商(東J・7185)
5.52%18万円9月
【株主優待内容自社キャンペーン商品/100株:1万円相当、1000株:3万円相当
【桐谷さんコメント商品がたっぷりもらえて株主優待新設後に大人気に!
優待発表時は、優待利回りで10%近く、合計利回りは10%超も。私は1200円で買い、その後も大きく値上がりしました。
2位 アクトコール(東M・6064)
4.45%0.68%7万円11月
【株主優待内容100株:「パンとエスプレッソと」優待券6000円分、またはQUOカード3000円分
【桐谷さんコメント人気のパン屋での優待券とQUOカード、どちらかを選択可!
2016年5月の株式分割後に優待を拡充した時に購入。千駄ヶ谷の将棋会館近くにパン屋がありいいかなと。株価もかなり上がりました。
3位 関門海(東2・3372)
6.47%0.00%3万円3月,9月
【株主優待内容優待券/100株:1000円相当1枚、300株:3980円相当1枚、600株:3980円相当2枚、1000株:3980円相当3枚
【桐谷さんコメント】2016年に株主優待を復活、専門店でカニ料理を堪能!
フグやカニの専門店で、以前休止した株主優待を2016年3月に復活させたので買い増し。無配ですが、食事券でカニが食べられていいです。

2017年は「金券」や「名産品」狙い!
どんなにほしくても「成行」で買わないのが桐谷さん流

 桐谷さんが2016年に買った株よりも、さらに気になるのは2017年に狙う株主優待株だろう。桐谷さんが2017年に絶対買いたいと考えているのは、どんな株主優待銘柄か。

 第1位に選ばれたのが、「南陽(福証・7417)」。福証上場の機械商社だ。

「2016年11月に株主優待を新設し、配当だけで3%超、QUOカードの優待と合わせると利回りは約4%近くあり魅力的です」

 2位は浅草や両国などでホテルを展開する「日本ビューホテル(東1・6097)」。

「ホテルの宿泊だけでなくレストランでも優待券が使えます。枚数や曜日、プランでの使用制限もありません」

 3位は物流サービスの「エーアイテイー(東1・9381)」。株主優待は和歌山・紀南地方の名産品で、美味しさには定評がある。「指標的には割高ですが、利回りは4.5%近くあります」。株価が安くなり、指標もよくなった時を狙いたい。

 実のところ桐谷さんが上位に挙げたこの3銘柄は、いずれも指値は入れたが、わずかな差で買えなかった株。むやみに成行で買うわけではないのだ。

 買い場となる「暴落は必ず起こる」と考えて、銘柄と買値を厳選するのが桐谷さん流だ。

◆桐谷さんが2017年に絶対買いたい「垂涎株主優待株」ベスト3
株主優待+配当利回り配当利回り最低投資額権利確定月最新の株価
1位 南陽(東J・4712)
3.71%3.03%15万円3月
【株主優待内容100株:QUOカード(3年未満保有)1000円分、(3年以上保有)1500円分
【桐谷さんコメント人気のQUOカード優待で合計4%近くの利回りに!
2016年11月に株主優待を新設。以前買おうとした時は指値にほんの少し届かず。配当利回りも魅力的なのでぜひ買いたいですね。
2位 日本ビューホテル(東1・3205)
4.12%1.51%15万円4月,10月
【株主優待内容優待券(500円)/100株:4枚、300株:6枚、500株:10枚
【ブロガーコメントホテルは都内や観光地に。優待の使い勝手もよい!
浅草や両国にホテルがあり、優待は宿泊だけでなくレストランの食事でも使えます。合計利回りも4%超といいですね。
3位 エーアイテイー(東1・9439)
4.48%2.69%11万円2月
【株主優待内容100株:2000円相当の商品(和歌山県紀南地方の名産を中心とした商品カタログから1点選択)
【読者コメント】利回りと地域名産品で優待の人気は高い!
和歌山の名産品がもらえる優待が魅力的。新設時から狙っていましたが、指値まで下落せずまだ買えていません。 

【※関連記事はこちら!】
■「株主優待+配当」利回りが10%超で、5万円以下で買える銘柄も! 優待名人・桐谷さんら優待投資家がおすすめの「高利回りの株主優待株」ベスト10を発表
■「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!

人気の食品や食事券などがもらえる
お得な株主優待情報はダイヤモンド・ザイ3月号で!

 現在発売中のダイヤモンド・ザイ3月号の別冊付録では、今回紹介した各ランキングの4位以降も紹介! さらに、人気の食品・飲料、食事券をはじめとしたタイプ別の株主優待銘柄(計119銘柄!)をランキング形式で紹介しているので、ぜひチェックを!

 ダイヤモンド・ザイ3月号の大特集は、「2017年の最強日本株」。「5万円株」や「10万円株」「高配当株」「大型株」などのジャンルにわけた2017年の主役株72銘柄を紹介している。

 そのほか、「ネットでラクラクできる確定申告の方法」や「個人型確定拠出年金のはじめ方」「2017年最強の投資信託」など情報満載だ! ダイヤモンド・ザイ3月号は、全国の書店やアマゾン、楽天ブックスにて発売中。