付き合ってらんねぇ! 彼女への愛が冷めたとき「減ること」5つ

写真拡大

なんだか最近、彼の様子が変みたい……! もしかしたらそれ、彼の気持ちが冷めてきた証拠なのかもしれません。冷静な対応をするために必要なのは、彼の本心を推し量ること! もしも本当に恋人への気持ちが冷めてしまったとしたら……男性はこんな行動を起こしがち!? 彼女への愛が冷めたときに、男性が減らしがちな行動について、男性意見を調査しました。

(1)メールやLINE

・「メールのやり取りの回数、話題に乗ってこない」(31歳/その他/その他)

・「LINEやメールなど送るメッセージの頻度」(29歳/運輸・倉庫/専門職)

ラブラブだったころは、あんなに多くのメッセージをやりとりしていたのに……! いつの間にか、頻度が減ってしまうこともあります。彼が返信しやすいよう、わかりやすく読みやすい文章を心掛けるのがオススメです。

(2)デート

・「会う回数。会いに行くことがめんどくさくなり、疎遠になってくる」(24歳/その他/営業職)

・「一緒にいろいろな場所へ出掛ける回数」(38歳/運輸・倉庫/技術職)

デートの回数が減るのは、「一緒にいて楽しい」気持ちよりも、「めんどくさい」気持ちが勝ってしまっているから。残念ながら気持ちが冷めてきている証拠だと言えそうです。最近なかなか会えないな……と思ったら、自分から誘ってみて、彼の感触を確かめてみてください。

(3)会話

・「一番は会話ではないでしょうか? 恋人・夫婦に関わらず、好きなとき・お熱なときは恋人のどんなことでも好きですが、嫌いになった・冷めたときは相手のどんなことでもイラッとするものなので、面と向かうことすら嫌で避けていくんじゃないかと思います」(36歳/その他/その他)

・「直接の会話。面倒なコミュニケーションを取りたくないから」(32歳/情報・IT/事務系専門職)

会う機会が多くても、会話が減ってきたときには要注意です。それが二人のペースならいいのですが、お互いに興味を抱けなくなったら、どんどん距離は離れてしまいます。新しく、共通の趣味を持つのもアリかもしれませんね。

(4)ボディタッチ

・「スキンシップの回数は愛情に比例していると思う」(37歳/食品・飲料/技術職)

・「そのカップル次第と思うけど、ボディタッチが減ると思う」(37歳/学校・教育関連/その他)

好きな相手だからこそ、「触れたい」と思うもの。「触れたい」という気持ちがなくなってしまったら、かなり危険な状態です。マンネリになってしまったときには、一度距離を置いてみてはいかがでしょうか。「触れたい」気持ちがよみがえるのでは?

(5)キス

・「キス。会話とかは冷めるときより深まったときになくなっていくが、キスは愛がないとできない」(36歳/機械・精密機器/技術職)

・「キスの回数だと思います。おそらく」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

気持ちが冷めてしまった恋人とは、キスできない――! 女性たちの中にも、共感できる方は多いはずです。ここまできたら、関係修復は難しいかも……? 新しい道を歩んだ方が、幸せへの近道だと言えそうです。

■まとめ

気持ちが冷めてきたときには、彼女との連絡、一緒に過ごす時間、そしてスキンシップなどが著しく目減りしてしまうことがわかりました。「あれ? そういえば最近……」なんて、思い当たる節がある方は要注意です! 早めに二人の溝を埋めておくことが、関係を長続きさせるためのコツだと言えるでしょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数184件(22歳〜39歳の働く男性)