湘南から加入のDF三竿雄斗「左利きSBとしてアクセントに」

写真拡大

▽鹿島アントラーズは29日、2017シーズンにおける新体制発表会見を行い、各選手の背番号を発表した。

▽湘南ベルマーレから加入したDF三竿雄斗は、チームに不在の左利きサイドバックとして「チームが勝つためのピース」になっていきたいとコメントした。

DF三竿雄斗(鹿島アントラーズ)

「湘南ベルマーレから加入することになりました三竿雄斗です。まず、このような素晴らしいクラブに入団することができて光栄だし、感謝している。チームの目標であるタイトル獲得に120%の力を出して貢献したい。よろしくお願いします」

──すでにチームは始動。タイ遠征を経験してのチームの印象

「このチームの選手は一人ひとり、個人のレベルが高い。練習や試合を通して感じた。今のところ、並大抵のことではポジションを奪うことはできない。今まで以上に努力しないといけない。ただ、このチームには左利きのサイドバックがいないので、自分がそういうアクセントに、チームが勝つためのピースとしてハマれば良いかなと」

──鹿島サポーターの印象は

「鹿島アントラーズは伝統のあるクラブで、日本で一番タイトルを獲っているクラブです。選手やスタッフだけでなく、サポーターのみなさんも伝統を引き継いでいるイメージがあります。チームに外部から来た自分がサポーターの皆さんの信頼を得ることは、並大抵の努力ではいけないと思います。自分がしっかりとピッチに立って、サポーターのみなさんから認めてもらえるようにやっていきたいと思います」

──チームの目標は全タイトルを獲るということですが個人の目標は

「今までは何ゴール何アシストという目標を掲げていましたが、今年は目標を立てず、一日一日のトレーニングにしっかり取り組んで、準備やケア、栄養の面や居残りトレーニングといったところをしっかりとやりちです。その結果、試合に出させてもらい、試合に出たらチームの勝利のために、自分のパフォーマンスというよりも試合に勝つためにしっかりプレーしたいので、その辺りをしっかりやりたいです」