水俣病の原因として知られるメチル水銀中毒で脳障害が起きるメカニズムを解明したと、新潟大学脳研究所が2017年1月25日に発表した。

水俣病の詳細な病態解明と治療法開発につながる発見だとしている。

小脳や後頭葉に、ある物質が強く発現

発表資料によると、メチル水銀中毒は小脳や後頭葉を侵し、ふらついたり視野が狭まったりといった障害を引き起こすが、そのメカニズムは不明だった。

研究グループは、ラットにメチル水銀を投与して中毒を起こさせる実験を行った。その結果、小脳や後頭葉で「血管内皮増殖因子(VEGF)」という物質が強く発現し、脳血管を破綻させ、神経障害を生じさせることが分かった。VEGFの作用を中和させる抗体をラットに投与すると、障害に一部改善が見られた。

詳細な研究成果は、米科学誌「PLOS ONE」ウェブ版で日本時間1月25日に論文が掲載された。