ほほ笑ましく、あたふた中。
 - Matt Winkelmeyer / Getty Images

写真拡大

 セレブの子育てはさぞ優雅だろうと想像しがちですが、その実態はいずこも同じでてんやわんや状態なのです。そんな意外と共感が持てる、セレブのリアルな子育て風景を紹介します。(編集部・香取亜希)

人気者夫婦:ライアン・レイノルズ&ブレイク・ライヴリー夫妻

 ライアンが名声の歩道「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム」に名前を刻まれた記念式典で、初めて家族一緒に登場。2歳になるかならないかのジェームズちゃんと、生まれたばかりのイネスちゃんもカメラの前でポーズ……を取れないですよね。大人の都合でご機嫌ににっこりしてくれるわけはありません! ぐずってイヤイヤするなんて想定内。とはいえ、日頃写真撮影になれているパパとママも子供たちに気を取られ、カメラ目線している余裕なんてな〜い!

元オシドリ夫婦:リーヴ・シュレイバー&ナオミ・ワッツ

 長らく事実婚を続けていた2人は2016年に破局を発表しましたが、今後も一緒にアレクサンダーくんとサミュエルくんのイケメン兄弟の子育てをしていくそう。在りし日の4人家族は、ニューヨークの街中でスーパーや学校への送り迎えをする姿が頻繁にパパラッチされ、その庶民的な姿が好印象でした。「こらこら〜、広がって歩かないっ!」とパパが息子たちを一喝している図。ママは子供たちの荷物を持って、絵に描いたようなバタバタ具合ですね。

カリスマモデルママ:ジゼル・ブンチェン

 14年連続で“世界で最も稼いだモデル”に輝いている、スーパーカリスマモデルのジゼル。レオナルド・ディカプリオの元カノとしても知られていますが、今や2人の子持ち! 3歳違いでヤンチャ盛りの子供のママとなれば、抱っことおんぶを同時にしなきゃいけない……なんて状況もざら。普段はカメラの前でカッコよくキメているジゼルだって、我が子の為ならえんやこら! かなり腰に来る体勢ですが、どんなワークアウトより効果がありそう?

オスカーママ:シャーリーズ・セロン

 独身ながら養子2人を持つ、オスカー女優のシャーリーズ。とあるイベントに長男ジャクソンくんとともに参加。じっと座っていなきゃいけない状況は、まだ小さい子供には酷な話。とはいえ、イベントに参加しなきゃいけないこともあるわけで。そういうときは、おもちゃ持参で静かに遊んでいてもらうに限る。といっても、放ったらかしにはできないので、ママはイベントに集中できない! これって外食に出かけても、子供に食べさせたり静かにさせたりで忙しく、結局ゆっくり食べられない状況と被る〜。

実業家ママ:ジェシカ・アルバ

 一般男性と結婚し、2人の娘にも恵まれたジェシカ。子育てを優先にしつつ、女優業に復帰していますが、実業家としても大成功したキャリアウーマンの一面も。そんなスーパーママの子育て風景は、意外にも地味。ベビーカーを押す姿はいたって普通。周りを見渡しても、お手伝いさんの姿は見当たりません。髪も服装もカジュアル過ぎて、街ですれ違っても気がつかないかも? そんな庶民的なところが好感度大!