防弾少年団、セウォル号沈没事故の家族協議会への1億ウォン寄付が番組で伝えられる

写真拡大

「芸能街中継」防弾少年団が年末年始に温かい心を分かち合った。

韓国で28日に放送されたKBS 2TV「芸能街中継」では防弾少年団の寄付を伝えた。

防弾少年団と所属事務所のBig Hitエンターテインメントは、旅客船セウォル号沈没事故の家族協議会に1億ウォン(約1000万円) を寄付した。所属事務所の関係者は「非公開にしようとしたが、意図せず知られた」と明かした。

関係者は「セウォル号沈没事故から1000日が過ぎた時点で、韓国国民の一人として遺族の皆さん、および被害者の皆さんと苦しみと痛みを分け合おうと思った」と打ち明けた。

防弾少年段は最近「FIRE」のミュージックビデオが、YouTubeで再生回数1億回を突破し、2月のカムバックを控えている。