乗馬をやりたい少女の夢を叶えたのは「牛」!! 華麗なジャンプ、駆け巡る草原…そこには少女と牛の絆がありました

写真拡大

ニュージーランドで暮らす18歳の女性ハンナ・シンプソンさんは、馬に乗るように、上手に “牛” を乗りこなします。

相棒の牛の名前は、ライラック。インスタグラムに投稿された写真や動画がきっかけとなり、またたく間に世界中から注目を浴びることとなったようです。

背中にハンナさんを乗せて、大きな岩の上を華麗にジャンプするライラック。ゆったりとした動きも思慮深そうな瞳も可愛くって、つい自分も牛に乗りたくなってしまいますが、ライラックのような牛は珍しい存在。

【こんな牛さん見たことない!】

海外サイト「HELLO GIGGLES」によれば、ライラックは幼い頃からジャンプが大好き。得意のジャンプで、たびたび牛小屋の外へと出ていたのだとか。

飛ぶのが好きなだけでなく、背中に乗せたハンナさんに対する優しい気遣いも持ち合わせているライラックだからこそできる、スーパージャンプ。

【兄弟の助言がきっかけでした】

ハンナさんがライラックに乗り始めたのは7年前。ポニーに乗りたいのに、与えてもらえない。そんなハンナさんをふびんに思った兄弟が、家族で経営する牧場にいる子牛に乗ったらどうかと勧めてきたことがきっかけだったんですって。

【ファンタジックな光景です】

ニュージーランドに住む多くのティーンエイジャーが馬に乗る中、ハンナさんは牛のライラックにまたがって草原を駆け巡る。その姿はまるで、童話の中から飛び出てきたかのよう!

キュートでクールな最高のバディの写真をもっと観たいというあなたは、さっそくハンナさんのインスタグラムをチェックしてみてくださいね。

参照元:Instagram/Hannah Simpson、HELLO GIGGLES
執筆=田端あんじ (c)Pouch

インスタグラムをもっと見る