写真提供:マイナビニュース

写真拡大

三菱自動車はコンパクトミニバン「デリカD:2」にハイブリッドモデルを新たに設定し、全国の系列販売会社を通じて販売開始すると発表した。

「デリカ D:2」はすでに販売しているマイルドハイブリッドに加えて、さらに優れた燃費と走りを両立させたハイブリッドモデルを設定することで、用途に合わせて選択できる車種構成とした。このハイブリッドシステムはデュアルジェットエンジン、駆動用モーター、高電圧リチウムイオンバッテリー、5速自動マニュアルトランスミッションで構成される。EV走行を可能としたパラレル方式のハイブリッドシステムで、JC08モード燃料は32.0km/リットルを達成している。

きびきびとした走りが楽しめる「標準モード」と、EV走行の頻度を高めてエコドイブをサポートする「エコモード」の2つの走行モードを搭載しており、いずれの走行モードでも約60km/h以下での一定速走行時にEV走行が可能となった。

ハイブリッドモデルでは、フロントグリルにブルーメッキをアクセントとして採用。リヤコンビネーションランプをブルークリアとするなどエコイメージを演出した。インテリアにおいては、インパネアッパーガーニッシュをブルーメタリックとし、モーターパワーメーターを組み合わせたブルー基調のハイブリッド専用メーターを採用している。

ハイブリッドモデルは3グレード展開となっており、価格は「ハイブリッド SX」200万8,800円、「ハイブリッド SZ ナビパッケージ」228万2,040円、「カスタム ハイブリッド SV ナビパッケージ」231万2,280円となっている(価格はすべて税込)。

(山津正明)