ゴールデングローブ賞授賞式にて、『ラ・ラ・ランド』関係者のテーブル Twitterより

写真拡大

数多くのセレブが一堂に会する、アワード賞。賞にノミネートされたセレブもされなかったセレブも集合し、豪華すぎる同窓会のようになる。1月に行われたゴールデングローブ賞授賞式でアンドリュー・ガーフィールドとライアン・レイノルズがキスしたように、セレブ同士の思いがけない出来事が発生することも!このような出来事があったのは、二人の席が隣同士だったから。アワード賞の席はどのように決まっているのだろうか?

まずは、MTVが主催する世界最大級の音楽イベント「Video Music Awards (VMA)」。MTVの社員が女性誌「コスモポリタン」に話したことによると、MTVは席決めに何か月もかけるそうだ。イベントの招待をもらったセレブは出席の返信時、一緒に座りたい人の名前を送る。なるべく希望に沿う努力はするが、テイラー・スウィフトの近くに座りたいと言うセレブが多くて難しいのだそう。また、イベント当日に一緒に座りたいセレブを見つけ、勝手に席を移動する人もいて大変なのだと言う。

次は、映画界最高の栄誉とされるアカデミー賞の授賞式。席決めに関わった人が英情報誌「The Daily Mail」に「お互いに問題を抱えている人のいる家族が集まる結婚式の席を決めるようだ」と漏らしているように、注意事項がたくさんある。同じ賞にノミネートされた人同士が近くにならないように、そして破局したカップルが近くにならないようにするのが鉄則。また、俳優のパブリシストが主催者に電話し、仲の悪いプロデューサーの隣にならないように頼んだこともあったと米誌「New York Post」が以前伝えた。

そして、大きなイベントに欠かせないのが“seat filler”(席を埋める人)と呼ばれる人たち。スターが立ってトイレなどに行っている間に空席があると見栄えが良くないため、一時的に人を座らせるのだ。俳優と交流することは禁止されているものの、アカデミー賞授賞式など豪華なイベントに参加でき、スターとすれ違うこともあるので人気のボランティア・アルバイトのようだ。

今度アワード賞を見る際は、どんなセレブが隣同士に座っているかチェックしてみては?