なでしこジャパンに名を連ねる川村優理が新潟レディースに復帰

写真拡大

 アルビレックス新潟レディースは29日、ベガルタ仙台レディースからMF川村優理(27)が完全移籍で復帰することを発表した。

 2002年に新潟レディースに加入した川村は、13年にジェフユナイテッド市原・千葉レディースに移籍し、14年から仙台でプレー。ここまで、なでしこリーグ通算228試合で37得点を記録している。また、日本女子代表(なでしこジャパン)にも名を連ね、29試合で2得点を挙げている。

 クラブ公式サイトを通じて川村は、「またこのユニフォームを着てプレーする機会を与えてくださり本当に嬉しく思います。私の成長した姿をピッチで表現し、そしてこのチームに恩返しができるように全力で頑張ります。試合でのサポーターの皆さんの盛大な応援、楽しみにしています」とコメントしている。