チャーリー・ハナムが降板 - ユアン・マクレガー
 - Randy Holmes / ABC via Getty Images

写真拡大

 俳優ユアン・マクレガーが、映画『ロスト・エモーション』のドレイク・ドレマス監督の新作『ゾーイ(原題) / Zoe』に出演することになったとDeadlineが報じた。

 同作は近未来を舞台に、恋人同士の関係を向上させるための技術を開発する二人の研究者たちを描く。当初主演の男性役には映画『パシフィック・リム』や『クリムゾン・ピーク』などのチャーリー・ハナムが決まっていたが、スケジュールの都合で降板。マクレガーが代わってキャスティングされることになった。主演女優には、映画『007 スペクター』でボンドガールにふんしたレア・セドゥが決まっている。撮影は4月よりモントリオールにて開始予定。

 マクレガーは、3月17日より全米公開、4月21日から日本で公開されるエマ・ワトソン主演『美女と野獣』に出演しているほか、『トレインスポッティング』の続編『T2 トレインスポッティング』が1月末より世界順次公開、日本では4月8日から公開される。(鯨岡孝子)