白石あさえの目指せコースデビュー! 連載●第42回 
〜カリスマコーチ内藤雄士がビギナーのために特別レッスン〜
「ワン・ツー」ではなく、「ワン・アンド・ツー」のリズムで

内藤雄士コーチ:以下内藤 ドライバーのインパクトの音がよくなりましたね。球筋もかなり安定してきたように思いますが、練習していてわからないことはありませんか?

白石あさえ:以下白石 クラブをどこで加速させる意識を持てばいいのか、わからないんです。

内藤 なるほど、いい質問ですね。練習を重ねて、だんだんとボールに当たるようになると、うまく当てようとして手先や上半身の動きが強くなる傾向があります。白石さんもトップから切り返しで、上半身から先に動いて、右肩が前に出る傾向があります。飛ばしたい、うまく当てたいと思う気持ちが、実はヘッドスピードを減速させる要因になっているんです。

白石 なるほど。クラブを加速させるには、何を意識するといいんですか?

内藤 まずアドレスで構えて、クラブを上げて下ろす。これを「ワン」で上げて「ツー」で下ろしていると、上半身から動いてしまっているスイングです。正しくは「ワン」で上げてトップで「アンド」を入れて「ツー」で下ろす。この「アンド」がいわゆる"間"になって、クラブを加速させることにつながるんです。

白石 かなり難しいですね。何か効果的な練習法はありますか?

内藤 トップを小さくして、フォローを大きくする練習がいいでしょう。イメージ的には、バックスイングが2に対して、フォローが8の大きさの振り幅でスイングする感じです。

白石 バックスイングをそんなに小さくしたら飛ばないですよね。

内藤 ここでは飛ばなくていいんです。トップに上げたクラブを切り返し後に下ろしはじめて、腰を過ぎたあたりからヘッドを加速させたいんです。ボールよりも先のエリアでヘッドが加速する感覚をつかんでもらいたいんです。

白石 この練習をするときに、飛ばそうとしないこと以外に、気をつけるポイントはありますか?

内藤 腕はできるだけ柔らかくしておくことです。両脇が締まった状態で、かつ腕が脱力できていれば、切り返しで自然に間が作れるようになります。あとは5球連続打ちなどで、タイミングを体で覚えることです。今回の白石さんの質問はかなりレベルの高いテーマですよ。いい練習ができている証拠。コースデビューに向けて、頑張ってください。

●フォロー側でヘッドを加速させる感覚をつかむ

切り返しで上半身から動いてしまうと、右肩が前に出て引っ掛けのミスになる。また、クラブも加速させることができない。

トップの切り返しで「間」が作れると、胸の開きをおさえて、インパクトが迎えられる。クラブをインパクトからフォローにかけて加速させやすくなる。

バックスイングが肩より上に上がらないようにして練習。バックスイングを小さくすることで、フォロー側でヘッドを加速させる感覚を身につけることができる。

  フォロー側でクラブを加速させられるようになると、自然とフィニッシュまでバランスよく振り切れるようになった。

(つづく)

(内藤雄士プロフィール)
ないとう・ゆうじ●1969年生まれ。東京都出身。日本大学ゴルフ部出身。ゴルフ部在籍中に渡米し、アメリカの最新理論を習得。1998年にプロゴルファーを教えるツアープロコーチとして活動を開始。日本にツアープロコーチという概念を持ち込んだパイオニア的存在で、丸山茂樹の米ツアーでの活躍の立役者となった。その後も多くのプロのサポートを行なう傍ら、ジュニアゴルファーの育成にも積極的に取り組み、日本ゴルフ界の根本的レベルの底上げに尽力している。ゴルフを中心としたメディアでのレッスンのほか、ゴルフネットワークでのトーナメント解説など、活躍の場は多岐にわたっている。

(白石あさえプロフィール)
しらいし・あさえ●1991年生まれ。千葉県出身。一昨年、念願だったグラビアデビューを果たす。この冬も『週刊プレイボーイ』6号をはじめ、各週刊誌の表紙、グラピアページを飾っている。最近は地方競馬、「南関ガールズ」として、各種イベントにも多数参加。近況は公式ブログとインスタグラムに随時アップされるのでチェックを。ゴルフのほうは年末年始も練習を欠かさず、内藤コーチが目を細めるほどの上達ぶり。今春にはコースデビューできるはず!? 身長:164cm B:94 W:60 H:88 血液型:A型。

出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato