2017年に注目のフード5つ あなたは試してみたい?

写真拡大

2017年に流行する食べ物は何だろうか。多くの業界関係者は、以下の5つを挙げている。さて、あなたはどう思うだろうか。

ヤギの肉

「ほかの国ではとても一般的なヤギ肉だが、アメリカでは人気が出てきたばかり」と、登録栄養士で栄養管理アプリ「SugarChecked(シュガーチェックド)」の主任トーリー・テッドローは言う。シュガーチェックドは、アメリカ国内の全食品の70%以上を分析し、個々のユーザーの食生活のニーズに合っているかをチェックするアプリだ。

また、テッドローによればヤギ肉は「世界で消費される赤身肉の60%を占めており、味はラム肉に似た風味で、食感は牛肉により近い」そうだ。

健康に良いターメリック

またテッドロ―は、2017年は「ターメリックの年になりそうだ。国内各地のコーヒーショップが、ターメリック・ラテを提供している」と言う。ターメリックには抗炎症作用があり、心臓血管、うつ、関節炎の症状改善に役立つことが複数の研究で示されている。

健康的なレシピを紹介するウェブサイト、ザ・スキニー・スパイスを運営する認定栄養士のアマンダ・サントゥッチは、ターメリックについて「健康には最も効果を発揮するスパイスだ。ゴジベリーやカカオニブのようなスーパーフードとして次に流行するのがターメリックだろう」と語る。

ココナッツオイルに続き・・・

ニューヨークを拠点に活躍するダイエットコーチのブリジット・ウィールは、ココナッツフラワー(ココナッツの粉末)が多くの人に受け入れられるようになると確信している。「栄養価の優れたココナッツウォーターやココナッツオイルが人気を博したことで、ココナッツフラワーの道が開けた」とウィール。

また、「グルテンフリーで繊維が豊富、ココナッツのいい香りがして、さらにカロリーも脂肪分も低い」とココナッツフラワーが料理やお菓子作りに使われるようになるという予想には十分な根拠だと指摘する。今は誰でも手に入れやすいというわけではないが、近いうちにそうなることを彼女は期待している。

さらに多くの種類の代替ミルク

代替ミルクは既によく売れている。それでも米19州に店舗を展開する自然食品系スーパー、ナチュラル・グローサーズ(Natural Grocers)のジョナサン・クリンソーンは、さらに多くの商品が市場に出回ると考えている。

「より幅広い代替ミルク商品が揃い、顧客にさらなる選択肢が提供されるようになっている。新しい種類の代替ミルクには例えば、アーモンドミルク、ココナッツミルク、(カシューナッツを原料とする)カシューミルク、(亜麻仁の実からつくられた)フラックスミルク、(麻の実の種からつくった)ヘンプミルクなどがある」と彼は言う。

ヘンプミルクの原料は、皆さんのご想像どおり、大麻草。だがもちろん安全で、飲んだ後に運転をしても大丈夫だ。

ポキレストランが増加中

これも前出の「SugarChecked」のテッドローが流行を予想している。ポキとは、生の魚に調味料で味付けをしたポリネシア料理だ。「これをライスの上に乗せるのが一般的な食べ方だ」だという。

「ポキにはキュウリやネギ、アボカドなどの野菜を加えることが多い。多くのレストランでは、健康志向の強い人向けに、ライスの代わりに昆布でつくった麺や葉物野菜も選べるようにしている」

確かにポキをテーマにしたレストランは増えているように思える。筆者の地元であるオハイオ州コロンバスにも先日オープンした。ヒューストンやミネアポリスにも近々、初のポキレストランができる予定だ。

ボストン・グローブ紙は2016年12月、ポキ人気の高まりについて記事を掲載。その中で「非公式な世論調査によれば、生魚に味付けをして食べるというこのコンセプトについては、素晴らしいと思う人もいれば気持ち悪いと思う人もいる」と書いていた。