カズレーザーのCMで炎上したマクドナルド…LGBTの現在を当事者が語る

写真拡大

 昨年12月、バイセクシュアルを公言しているメイプル超合金・カズレーザーの出演する日本マクドナルドのキャンペーン動画での、「罰ゲーム」として嫌がる男性の頬にカズレーザーがキスをするシーンが、LGBTの人々にとって不適切な表現ではないかと疑問の声があがり、削除されました。

 今年に入ってから、アニメ「タッチ」の上杉達也役などで知られる声優・三ツ矢雄二がゲイをカミングアウト。

 LGBTへの理解は、個人にとっても企業や国にとっても、必要なリテラシーのひとつになりつつあるのが2017年現在といえるかもしれません。
 第1回、第2回に引き続き、企業向けLGBT研修や、LGBTに関する情報を発信するウェブメディア「Letibee LIFE」、LGBT関連のマーケティング・リサーチサービスをする企業Letibeeの代表で、自身も性的マイノリティであるという榎本悠里香さんにお話を聞きました。

◆「レズビアンだと確信が持てたことでふっきれましたね」

――榎本さんはいつから自分はLGBTに該当すると気付いたのでしょうか。

榎本「きっかけは留学でした。それまで自分が何者かわからないということが辛かったのですが、確信が持てたことでふっきれましたね。自分は女の子が好きなんだ、しょうがない! と。

 ただ、ふっきれても人生の悩みはなくなりませんから。例えば親と、将来の私自身の子供の話をするときとか、どうしようかとも思うんです。でもそれはそれ、これはこれ。レズビアンでもストレートでも、持つ悩みは根本は大差ないと思います、みんなそれぞれ自分の人生これでいいのかとかは思ってるんじゃないかなと思うので。」

――いつからカミングアウトしはじめたのですか?

榎本「21〜22歳の頃ですね。それまで自分が何者かわからないまま生きてきていたんです。誰かの認定を受けるようなものでもないので、ようやく自分のセクシャリティが腑に落ちて、すっきりした後から周りに言い始めました。

 それに新卒で入社したのが弊社の出資元であるガイアックスなんですが、入社面接を受けたときに、その人それぞれのライフストーリーを聞かれました。セクシャリティな部分の話をしないと自分が何に影響を受けたかなどを語れなかったので、明かしたのですが、面接官は『あぁ、そうなんだ。で、次の面接なんだけど』というあっさりした反応でしたね(笑)。」

――カミングアウト前に、周りに噂されるようなことはありましたか。

榎本「普段の会話でも『やめてよ、レズじゃないんだから』と聞くこともありました。噂をされるのが嫌だと思っていた一番の理由は、セクシャルマイノリティは恥ずかしい、あまりよくないものというイメージが実は自分の中にあったからだと思うのです。

 というのも、メディアによって培われた『レズ=禁断の』や『ホモやオカマ=罰ゲームの相手』というイメージによって、レズビアンであると言うことに対して、うしろめたさを感じていました。」

――でも相手は、「レズじゃないんだから」と無意識に発言しているんですよね。

榎本「そうですね。だからこそオープンにすることで今まで通りに接してもらえなくなるかも……と思うこともありました。毅然としなければと思いつつも、怖い気持ちがありましたね。」

――周りに話すようになって、考え方に変化はありましたか。

榎本「言い続けたほうが、自分自身の居心地がよかったですね。自然体で居れることがわかりました。今は昔抱いていたうしろめたさもなくなりました。」

◆一橋大学のアウティング事件は衝撃だった

――一橋大学(※)の件は、かなり大きく報道されていましたが、どのように受け止められたのでしょうか。