米国の2大政府機関がこのほど発表した報告によると、2016年は歴史上最も暑い1年となった。資料写真。

写真拡大

米国の2大政府機関がこのほど発表した報告によると、2016年は歴史上最も暑い1年となった。このことは、世界年間平均気温記録が3年連続更新され、人類による温室効果ガス排出によって、全世界の気候が長期にわたって暖かくなっていることを反映している。北京日報が伝えた。

米海洋大気庁(NOAA)が発表した報告によると、2016年の世界平均気温は14.84度で、20世紀の平均水準に比べて0.94度高い。これは、1880年に気温の統計を行って以来の最高記録となり、最も暑い年となった2015年よりも0.04度高い気温となった。

同報告は、「21世紀に入って以来、世界年度(平均)気温の記録は2005年、2010年、2014年、2015年、2016年に計5回更新された」としている。

科学専門家は、「2014年から2016年まで3年連続で世界年間平均気温記録が更新された。これは人類による温室効果ガス排出による気候の変化とエルニーニョ現象が共に作用した結果によるものだ」と語った。(提供/人民網日本語版・編集/YK)