MONSTA X、昨年の「アイドル陸上大会」ビハインドストーリーを公開…今年の活躍にも期待

写真拡大

ボーイズグループMONSTA Xの「アイドル陸上大会」ビハインドストーリーが公開された。

28日午後、NAVERのライブ映像配信アプリ「V」を通じて公開された「MONチャンネル2016秋夕特集アイドル陸上大会」には、「アイドル陸上大会」の収録現場が収められており、放送されなかったメンバーたちの姿も確認することができた。

最初にジュホンとキヒョンが、フットサル試合に参加し、男性美をアピールした。キヒョンは作戦タイムの際、選手たちのためにタオルを用意してあげる優しさを見せた。

次はアーチェリーの練習現場。メンバーたちは「アイドル陸上大会」の試合のため、練習に夢中になっている。弓を引く姿はまるで映画の1シーンのようで、かっこよさが爆発した。

ミニョクは「皆さんにメダルをあげる」と約束した。その自信はショヌが証明した。初回から10点を取ったのだ。続いてミニョクも10点を獲得し、MONSTA Xは“アーチェリードル”になりきった。

そしてI.Mは、なんとカメラのレンズを壊し、MONSTA Xはアーチェリーの新記録を達成し、メダルを首にかけた。歴史的な現場のビハインドストーリーが公開され、ファンはもう一度喜びの歓声を上げた。

MONSTA Xのメンバーはこの全ての栄光をファンにプレゼントした。ファンの食事を直接準備するなど、繊細なファンサービスまで公開され“レジェンド”映像を追加した。