頭が疲れたらコレ!味の素「毎朝ヒスチジン」

写真拡大

味の素(東京都中央区)は、疲労感軽減効果があることが分かった必須アミノ酸「ヒスチジン」を配合した、頭の疲れのケアをサポートする機能性表示食品「毎朝ヒスチジン」を2017年1月27日に発売した。

体内でつくりだすことができない必須アミノ酸

アミノ酸研究と食品分野で培ったかつおだし研究により、かつおだしに含まれる成分のうち、必須アミノ酸(体内でつくりだすことができないため、食事から摂取する必要があるアミノ酸)のひとつである「ヒスチジン」が、疲労感の軽減や「頭が冴えない」「注意力が低下する」などの疲労に伴う感覚の緩和などに有効であることを発見し、機能性表示食品「毎朝ヒスチジン」が開発された。

1日摂取目安量(22ml)あたりヒスチジン1650 mgを配合。「頭の疲れ」のケアをサポートする機能性表示食品は初の試みという。

内容量330ミリリットル入りボトル×2本で、価格は5400円(税込)。

同社通信販売で取り扱う。