ジェームズ・キャメロン 写真:REX FEATURES/アフロ

写真拡大

 「ターミネーター」シリーズ、「エイリアン2」、「アバター」など多くの傑作SF映画を手がけてきたジェームズ・キャメロン監督がSFの歴史について語る、テレビドキュメンタリーシリーズ「James Cameron's Story of Science Fiction(仮題)」の制作が決定した。

 米AMCネットワークから公式に発表された。「James Cameron's Story of Science Fiction(仮題)」は、1時間×6回のシリーズで、2018年の放送が予定されている。

 同シリーズでは、「SFオタクだった」というキャメロン監督が毎回、一部のマニア向けジャンルから一大ポップカルチャーへと変遷したSFをめぐる大きな疑問について、SFジャンルのクリエイターたちをゲストに迎えて議論を繰り広げるという。