では、顔の色を識別してみると、どんな病気が想定されるのか、医療関係者の話を総合すると以下のようになる。

■蒼白顔
 肺・呼吸器関係に注意が必要。風邪を引きやすく、皮膚の弱い人が多い。肺の具合は、眉間に現れる。眉の内側にはっきりしたシワがたくさんある人は、胸中にもやもやしたものがあって憂鬱な人。また、両眉の間に2〜3のはっきりしたシワのある人は、酒やタバコの不摂生があるか、冷たいものの飲みすぎか、身体を常に寒さの中に置いているような場合が多い。血管が縮小して起きる症状だ。
 そして血圧の高めの人なら高血圧、加えて動脈硬化もあれば狭心症、脳梗塞の危険性もある。顔色以外にめまい、疲れやすい、だるい、息切れの他に貧血も疑われる。また、胃腸の弱い人の顔色は白っぽく、十二指腸潰瘍や慢性下痢症など、様々な症状が出る可能性があり、将来、認知症の心配もある。

■赤ら顔
 生まれつきの場合もあるが、一般的には更年期ののぼせや発熱、高血圧などの可能性がある。また、赤血球やヘモグロビンの値が高くなる多血症の人は、顔色がかなり赤くなり、頭痛、めまいなどの症状を伴うことも。
 ちなみに、気持ちが高揚しているときも赤くなる。熱や興奮によって心臓の脈動が速まり、血液が活発に流れて血管が拡がる一時的な症状で、このような場合は心配はいらない。

■黄色っぽい顔
 胃腸関係に注意が必要。それまでは経験がなかったのに、顔や全身の皮膚が黄色っぽくなり、尿の色も黄褐色になったときは、肝臓や胆のうの機能低下が出ている可能性が高い。また、白目や鼻の周りも黄色が目立ち、ビール色をした尿が出るなどの症状が伴っていれば、急性肝炎を発病していることも考えられ、医療機関で早めの診断を受けたほうがいい。
 ただし、ミカンなどに含まれるカロテンなどの天然色に着色した状態(柑皮症)を黄疸と見誤ることがあるので要注意。
 また、脾臓が不調になると、胃腸病、糖尿病を起こしやすく、内臓下垂、虚弱体質になりやすい。脾臓の不調の始まりは鼻の突端が赤くなり、他の病気の影響を受けて脾臓が不調になると鼻の上が黄色になる。
 骨格がはっきりしていて、のど周りが太く、胸が張っている人は脾臓の機能が正常に働いている。

■黒ずんだ顔
 顔や全身の皮膚の色が黒褐色になったときは、肝硬変の可能性がある。この疾患にかかると、皮膚の色以外に胸や腹の静脈が拡張して浮き出て見えたり、腹水が溜まるなどの症状が出る。症状が進行すると、食道の静脈瘤が破裂したり、肝がんになったりする。肝臓の病気は、ほとんど自覚症状がなく、病状が悪化して初めて分かる場合が多いので、定期健診を受けるようにしたい。

 東京都多摩総合医療センター総合内科の外来担当医は、次のように説明する。
 「顔色に変化が見られる場合、おおむね皮膚の薄い目の周りから色素沈着が現れ、顔から全身に広がっていく傾向にあります。誰にでもできる“病気の前兆”は前述の通りですが、その他、顔の異変から分かることを補足しておくと、“鼻の頭が赤い”人は肝臓、“顔がふくらむ”と副腎皮質の異変、“耳の下の腫れ”は糖尿病、“顔がてかてか光る”はパーキンソン病の前兆という見方もあります」

 健康は自分自身で守るもの、という考え方があるように、鏡に自分の顔を映してチェックするのも一つの健康法だ。
 病を未然に防ぎ、健康的な生活を送るためにも、その日の顔を客観的に見続ける習慣が大切だ。