32歳、独身、藤島孝也。
昨年まで独身貴族を謳歌していたオレが、今年に入って結婚に少々興味を持ち始めたのは、年齢のせいだろうか……。女性を恋人の対象として見るだけでなく、結婚対象として見るようになったのだ。

30代になると男女を問わず、理想やタイプが変わってくる。このコラムでも何度か話しているが、実際にオレも20代のころと30代になってから、特に結婚を意識し始めた最近とは、まったくタイプが異なることに気がついた。

そこで今回は、「恋人どまりの女」と「結婚したい女」の違いについてまとめてみようと思う。

結婚してないオレが「結婚したい女」について語っても説得力に欠けるので、今回は、結婚をして現在幸せな家庭を築いている友人・雄介(2児の父)と智樹(3児の父)の意見も参考にしようと思う。

まずはオレ目線で、今までなぜ多くの恋人たちと別れてしまったのかを考えてみた。

まあ最大の理由はオレに結婚願望がなかったことなのだが、女性の方にも「この女を逃したくない!」「結婚したい!」と思わせる決定的な特徴がなかったように思える。

そこで「恋人どまりの女」の特徴をまとめてみよう。

恋人どまりの女の特徴

・美人でかわいい! でも中身は……の女

男性の多くは、特に若いころは第一印象を優先する。しかし年齢と共にそこに疑問を持ちだす。「かわいいけど話が合わない」「美人だけど性格が冷たい」……その結果、相手に気を使って疲れてしまったり、相手を信頼できなくなり、次第に終わりを迎えるのだ。これがイケメンのカリスマ男子だったら美女を相手に付き合えるのかもしれないが、オレのような一般的な男の場合、外見が完璧であると、返って恐縮してしまう。長く付き合えるのは外見美人より内面美人ということになる。

・完璧すぎる女

これは男性としては負惜しみな意見なのだが、一般的に男性は自分が優位に立ちたい生き物だ。女性を守ってあげたいと思うし、尊敬してもらいたいと思っている。そのため自分より優秀で、給料もよく、育ちもよいような女性とはなかなか対等に付き合えない。自分が負けを認めた女性に対しては「オレがいなくてもやっていけるよね」と言ってしまうのが本音なのだ。

ここまでは独身男性であるオレの意見だ。

中には自分より優秀なキャリア女性と結婚してラクしたいという男もいるようだが……オレはプライド的にできない(笑)。

これを既婚男性である友人・雄介(2児のパパ)と智樹(3児のパパ)の意見も加えてみよう。

・ネガティブ思考の女

悩みを抱えている女性を見るとほおっておけない男性は多い。男性は頼られたい生き物であるから、女性から相談に乗られることが好きなのだ。しかしそれは度合いによる。いつも悩みを抱えていて、ネガティブな考えの女性には近寄りたいとは思わない。結婚する女性は、明るく前向きの人を選ぶものだ。いつも笑いが絶えない家庭こそが、円満で幸せな家庭なのだ。

・トレンドに敏感な女

オシャレな人、美容意識が高い人、グルメな人などトレンドに敏感な女性は実に魅力的だ。話もおもしろいし、男性としては刺激を受ける。でも男性は女性ほどトレンドは気にしていない。ある程度今の流行に乗っていることは大切だが、それよりも女性の内面を見たり、生活力を見ているのだ。

・お金使いが荒い女

一緒にいる時間が長くなるにつれて気になる事と言えば価値観。衣食住に関する趣味・嗜好ももちろんだが、やっぱり気になるのは金銭感覚だ。毎日オシャレして、エステやネイルに通って自分磨きをしている女性は魅力的であるが、後先考えずにもらった給料を使い切っているような女性は恋人どまりになってしまう。結婚は生活力こそ大切なのだ。

・セクシーな女
セクシーな女性を嫌いな男性はいない。好きになった女性が色気のある女性であれば申し分ない。しかし一般的には結婚相手にセクシーさは関係ない。逆にあまりに色気がある女性は、結婚後の浮気が心配だ。色気は年齢と共に衰えるもの。自分磨きが完璧な女性ほど、結婚後に家計を圧迫するほどの美容に投資される危険もあるのだ。

あくまでもこれは個人的な意見ではあるが、女友達にこの意見を言ったところ、あながち間違っていないと教えてくれた。独身女性のみなさん、一応男性の意見として参考にして貰えればと思う

では「結婚したい女」とは具体的にどんな女性なのだろうか。それについてはその2でお話しよう。