12星座【逃げ足が遅い】ランキング 牡牛座は後始末に追われがち!

写真拡大

 残業や面倒な用事を頼まれそうなとき、要領よく回避する人がいる一方で、つい逃げそびれてしまう人もいますよね。今回は、貧乏くじをひきがちな「逃げ足の遅い」星座をランキングで紹介します。

■第1位 牡牛座……のんびりし過ぎて逃げ遅れる
 マイペースでおっとりしている牡牛座。のんきな人の常で危険察知能力が低く、「まだ大丈夫〜「きっと平気〜」と高をくくっている間に逃げ遅れてしまうタイプです。しかも要領が悪いので、一度後れを取ると、その状況からうまく脱出することができません。どうしようとオロオロしている間に、仕事や問題が次々と山積みになっていくのです。

■第2位 蟹座……人がいいので残ってあげる
 カンのいい蟹座は、ヤバそうな状況を察知する能力自体は高いほうで、その気になれば逃げ足の速い部類に入る人。しかし、あふれんばかりの同情心を持ち合わせているがゆえ、あえて逃げるのをやめてしまうところがあります。蟹座が連日のように残業したり、いつの間にか雑用係のようになってしまうのは、自分から貧乏くじを引いているからなのです。

■第3位 乙女座……完璧主義がアダになる
 乙女座は、何ごともきっちりやり遂げたい人。その完璧主義がアダとなり、「ここをもう少し」「これだけは仕上げておかないと」などと集中している間に逃げるチャンスを失ってしまう傾向があります。しかも、頼まれたら嫌と言えないタイプなので、気づいたときには、両手にあまるほど面倒な案件を抱えている、なんてことも。

 第4位は、注意力散漫な魚座。目の前で進行しているやりとりにまるで気づかず、「じゃ、あとはよろしく」と肩を叩かれたときに、ハッと我に返ります。逃げようにも「時すでに遅し」を地でいく人です。第5位は、アネゴ肌の獅子座。お姉さんが下のきょうだいの面倒を見るように、獅子座はできない人のサポートを買って出るタイプ。ただ、その優しさが災いして、逃げ遅れがちに。

 第6位は、責任感の強い山羊座。すべて把握しておきたいという気持ちから、おのずと逃げ足が遅くなるタイプです。とくに仕事が絡むと、逃げ出すことはほぼないでしょう。第7位は、義理堅い蠍座。ふだんお世話になっている人のためなら、逃げられそうでも逃げません。半面、縁が薄い相手であれば、堂々とぶっちぎります。

 第8位は、面倒なことが嫌いな天秤座。場の空気に敏感なので、逃げ足はなかなかのもの。ただ、逃げると面倒なことになりそうと感じたときは、仕方なくその場に踏みとどまる賢さがあります。第9位は、いろいろと自由な射手座。その時の気分次第で、ボルト級の逃げ足を披露したり、かと思えば、ウロウロと居残ったりします。徒党を組んで逃げ出す、悪ふざけを企むことも。

 第10位は、わが道を行く水瓶座。義理人情、社会通念などに関わり合う気持ちはサラサラありません。上司ににらまれようが、友だちに恨まれようが、嫌なものは嫌と逃げ出します。第11位は、フットワークの軽い双子座。脚に翼が生えているかのごとく、ここにいるとマズイと察知した瞬間、その場からふわっと消えてなくなります。

 そして第12位は、思い切りのいい牡羊座。嫌な気配を感じたら、マシンなみの機動力でバリバリと逃げ出します。自分の行動が周囲にどんな影響を及ぼすかなど1ミリも考えません。今を生きる牡羊座は、後のことなど知ったことではないのです。

 逃げ足の遅い人は、面倒なことを押しつけられたりして、困ったハメに陥りやすいかもしれません。でも、そんな状況にこそ、幸運が潜んでいることがあるのです。一方で、逃げ足の速い人は、その要領のよさによって大切なものを取り逃がしていることもあるでしょう。自分の逃げ足について考えてみると、意外な発見がありそうです。
(月星七海)