7つの「オートキー」のほか、湿気たスナック菓子やせんべいを乾かす「ドライ機能」も

写真拡大

パナソニックは、メニューに合わせて3本のヒーターを独立制御する「遠近赤外線ダブル加熱」で、外をこんがり、中をあたため、メニューに合わせたおいしい焼きあがりになりコンパクトオーブン「NB-DT51」を2017年2月に発売する。

ロールパンはしっとりふっくら、冷凍ピザはこんがりあつあつ

「トースト(常温/冷凍)」「ロールパン」「惣菜パン」「冷凍ピザ」「焼きいも」「フライ温め」「パックもち」の7つの「オートキー」を備え、ワンタッチで自動的に火加減や湿度、時間を調節できる。

ロールパンなら焦がさずしっとりふっくらと、冷凍ピザならこんがり・あつあつに、焼きいもは甘みを引き出しホクホクに仕上げられるという。

そのほか湿気たスナック菓子やせんべいなどを焦がさず、熱で再乾燥できる「ドライ機能」も。

120〜260度まで8段階の温度調節が可能な「オーブン機能」は、予熱の手間が不要でスピーディーに加熱できる。

カラーはホワイト。

価格はオープン。通販サイトでは1万8000円台~2万1000円台で予約を受け付けている。