ルノーは、スポーツカーブランド「アルピーヌ」を復活させ、2017年後半にも市場に投入することを明らかにし、限りなく市販モデルに近いと思われる「アルピーヌ ビジョン」を公開しています。

1

今回は、その市販型最終プロトタイプをスカンジナビアでカメラが捉えました。

「アルピーヌ ビジョン」は、名車「A110」からインスピレーションを得たスタイリッシュな2ドアクーペで、市販時には「A120」の車名が有力とされています。

パワートレインには、ルノースポール製1.8リットル直列4気筒ターボエンジンが搭載され、最高馬力は250psを発揮、0-100km/h加速を4.5秒以下で到達するパフォーマンスを持つといわれます。

フランスでの販売価格は5万5000〜6万ユーロ(約670万円〜730万円)が予想されます。

(APOLLO)

復活のアルピーヌ、新型「A120」市販モデルをスカンジナビアでキャッチ!(http://clicccar.com/2017/01/29/440519/)